ピアノの資格・グレードや仕事をチェック

ピアノの資格・グレード

ピアノの資格・グレードのポイント

ピアノを仕事にするには
ピアノの仕事の種類とお役立ち情報を紹介
ピアノの資格・検定情報
ヤマハやカワイなどピアノの資格試験や検定・グレード情報
ピアノの資格・検定情報 〜指導者・ピアニストになるには〜

ピアノを仕事にしたいという決意が固まったら、ピアノで「何をしたいか」ということを明確にしておかなければなりません。

ピアノの指導やピアニストとして演奏活動をするために正式な資格は特に必要ありませんが、資格や検定・グレードに挑戦することで、自分自身の能力や技術のレベルアップ効果が期待できます。

ヤマハやカワイなどの音楽教室に就職を希望する場合は、あらかじめ難易度の高いグレードを取得しておくことで入社後の待遇が良くなります

また、資格や検定を取得することにより、ピアノの指導や演奏活動の仕事はもちろん、ピアニストとしても幅広く活動していくことができるでしょう。
ピアノの資格や検定のほかにも、音楽大学や大学院を卒業することで、音楽・ピアノ関係の業種へ就職する際に有利になるといえます。また、学校の音楽教員を目指す場合は、大学で教員免許を取得し、教員採用試験に合格しなければなりません。

将来、ピアノに携わる仕事をしたいと考えている方は、日本の音楽大学海外の音楽大学の情報も参考にして、しっかり準備をしておきましょう。

あなたが挑戦してみたいのはどの仕事?
ピアノの仕事の種類と、仕事に就くまでのプロセス

ピアノの指導(自宅レッスン・音楽教室との契約・出張レッスン)
  • 日本の音楽大学に入学・卒業する
  • ピアノの資格や検定、グレードにも積極的に挑戦する
ピアニスト(ソロ演奏・ピアノ伴奏・アンサンブル)
音楽教員(中学校や高等学校の音楽専任教師)
  • 日本の音楽大学を卒業し、在学中に教員免許を取得する
  • 音楽大学の非常勤講師や教授を目指す場合は、大学院を卒業し博士号を取得しておく
ブライダル・ラウンジ・クラブ・イベントでの演奏
  • ピアノ名曲一覧などを参考に、ピアノ曲のレパートリーを積極的に増やす
  • 各施設や主催者が実施するオーディションや募集に応募する

ピアノの仕事をする上で心がけたいこと

  • 仕事を通じて自分自身が常に成長できるように日々努力する
  • 依頼者や聴衆の要望に柔軟に対応できるようにピアノ曲のレパートリーを積極的に増やす
  • クラシック音楽に限らず、さまざまな分野に興味を持つ

トップへ戻る

ピアノの資格・検定情報

ヤマハグレード(ヤマハ音楽能力検定制度)

「ヤマハグレード」は、自分の力量を客観的に知る機会を提供し、総合的な音楽力を身につけることを目的としたピアノの資格。受験者数はのべ1,000万人を突破し、40を超える国と地域で実施。検定は受験者の音楽力や目標に合わせてさまざまなレベルが用意されており、ピアノの初心者を対象とした13〜11級、ピアノの学習者のための10〜6級、より高いピアノの演奏力と指導者を目指す人のための5〜2級に大きく分類される。このような細かいレベル分けを実施することにより、初心者から上級者まで目標を持ちながらピアノを学習することができる。より専門性を重視し、就職など資格として活用するためには、5級以上を取得しておきたい。
「ピアノ演奏グレード」のほかにも、ピアノの指導者を目指す人のための「指導グレード」も用意されているので、しっかりチェックしておこう。

  • 【受験資格】年齢・学歴・国籍不問
  • 【試験会場】全国・世界各地
  • 【受験料金】1,575〜52,500円(級ごとに受験料が異なる)
  • 【試験内容】即興演奏、初見演奏、楽曲演奏など

ヤマハのグレード対策は「ぷりんと楽譜」でチェック

ヤマハ・グレードの取得には、グレード取得のための高い知識と演奏技術が必要です。特に、事前の準備で差がつくピアノの実技演奏は、試験当日までにベストな状態で仕上げたいものです。

まず始めに準備したいのは、ピアノ曲選び。
実はピアノ曲選びこそ合否の差が出る重要なポイントです。「自分に合う曲」「自分の実力が発揮できるピアノ曲」を見つけて選ぶためには、たくさんのピアノ曲を知って弾かなければならなく、ピアノ曲選びは誰もが悩むポイントなのです。

そんなピアノ曲選びの悩みを解決するのが、ヤマハが提供する「ぷりんと楽譜」
ホームページにはポップスや映画音楽、ジャズ、クラシックまで、さまざまな音楽ジャンルの楽譜データが豊富に揃い、1曲105円〜ネットで簡単ダウンロード。購入したデータはすぐにプリンターで印刷できるので、自宅にいながらにして24時間いつでも欲しい楽譜を入手可能。

重い楽譜を持ち運ばなくて良いのはもちろん、サイトにはネットは検索機能がついているため、店舗で探すよりも手間が省けて時間の節約にもなる。
自分に合ったグレードのピアノ曲を見つけて、合格への第一歩をスタートしよう!

カワイ ピアノ グレードテスト(カワイグレード認定制度)

演奏者や指導者として、音楽能力の向上を目指す人を対象にした「カワイ ピアノ グレードテスト」。カワイグレード認定委員会がレベルごとに「技術」と「表現」の視点で検定する。
ピアノのグレードテストは、実技能力を問う「演奏(実技)グレード」と、指導者としての基礎能力を問う「指導(筆記)グレード」に分類されており、各グレードテストは6級〜2級まで用意されている。より専門性を重視し、就職など資格として活用するためには、4級以上の上級グレードを取得しておきたい。

  • 【受験資格】演奏グレード 16歳以上、指導グレード 18歳以上
  • 【試験会場】全国各地
  • 【受験料金】級ごとに受験料が異なる
  • 【試験内容】演奏グレード 楽曲演奏(課題曲・自由曲)、伴奏づけ
  • 指導グレード 筆記、和声、聴音、初見など

ピティナ・ピアノ指導者検定

社団法人全日本ピアノ指導者協会が、「ピアノ指導者」及び「ピアノ指導者を目指す人」を対象に実施する資格。継続的な「指導力の研鑚」を支援し、一定水準の「指導力の証」を授与することが目的。
検定は「初級者指導課程」「中級者指導課程」「上級者指導課程」の3課程が設定されており、各課程において「指導実技」「演奏実技」「筆記試験」「レポート」の4種の試験が行われる。7年以内に4種の試験に合格すると「合格認定」が与えられ、成績優秀者には「優秀賞」が授与される。受験者を対象に、指導セミナーやカウンセリングレッスン、指導実技デモンストレーションを実施中。指導者検定の試験対策に積極的に活用したい。

  • 【参加資格】18歳以上。大学・専門学校等において、ピアノ・教育に関する専門教育を受けた者、または同等の能力を有する者。学籍・国籍不問。
  • 【試験会場】全国各地
  • 【参加料金】 32,000円(初級者指導課程、一般料金の場合)
  • 【検定の日程】地域により異なる

トップへ戻る

ローランド講師資格

「ローランド講師資格」は、ローランド・ミュージック・スクールにおいて講師として活動するために必要となる資格。指導法を学ぶライセンスセミナーや、実技・筆記のオーディションを行い、資格取得までに必要なプログラムを終了すると講師としての資格が認定される。
講師の資格を取得すると、ローランド認定講師会「RET'S」への入会が認められ、講師活動を行う上でさまざまなサポートを受けられる

  • 【受験資格】16歳以上(資格の認定は19歳以上)
  • 【受験費用】50,000〜60,000円(講習生登録料、研修受講料、認定オーディション受験料、教材費含む)

クラシックピアノ検定(日本現代音楽芸術協会)

「クラシックピアノ検定」は、検定を通じて積極的に音楽に関心をもち、技術の向上を目指す音楽検定。1級から5級までレベル分けされており、各級に課題曲が設けられているため、自分の力量にあった級に挑戦することができる。

  • 【受験資格】 14歳以上(プロ・アマ不問)
  • 【参加料金】13,000円
  • 【審査対象】課題曲1曲による審査
  • 【審査条件】ピアノのみ(電子ピアノ可)の演奏
  • 【応募方法】各級の課題曲から1曲選択、自分の演奏を録音し、音源を申込用紙と共に郵送

クラシックソムリエ検定(一般財団法人日本クラシックソムリエ協会)

クラシック音楽の知識を身につけることにより、クラシック音楽の魅力や素晴らしさをより深く知ってもらうことを目指す検定。TOEICのような点数制で結果が出るため、趣味でクラシックを楽しんでいる人はもちろん、本格的にピアノを学習している人にも対応。
検定は「クラシックソムリエ検定」専用のテキストに掲載されている情報から8割以上が出題されるため、検定に挑戦する場合はしっかりチェックしておきたい。

トップへ戻る