音楽留学の受験・学費・レベル

海外の音大

海外の音大のポイント

海外の音楽大学へ留学しよう
留学する海外の音大を選ぶ際のポイントを解説
世界三大音楽院
パリ国立高等音楽院を筆頭とする有名音楽院の特色を解説
海外の音大
世界三大音楽院だけじゃない、その他の有名音大を紹介
世界へ挑戦!英語を徹底マスター
特集!英語をマスターして世界で活躍しよう
海外の音楽大学へ留学しよう

音楽の道を志す誰もが憧れる音楽留学。

偉大な音楽家が生まれ育った由緒ある土地で生活することは、自分自身の音楽観の幅を広げる上でとても意義のあることです。特に、クラシック音楽の発祥地であるヨーロッパは、人々の日常にクラシック音楽が浸透しており、現地で生活するだけでも大きな刺激をうけるでしょう。

もちろん海外での生活は大変なことが多く、さまざまな試練を乗り越えなければなりません。しかしそういった経験はすべて自分自身の糧となり、ピアノの演奏にも顕著に現れます。音大の授業やレッスンでピアノの知識や技術を磨くこと以外にも、さまざまな経験を積むことで、より多彩な演奏アプローチが可能となる点は音楽留学の最大のメリットといえるでしょう。

音楽留学の時期は、高校卒業後・または大学卒業後を目処に渡航する場合が多く、次いで日本の音楽大学の在籍中に休学を利用するという順番です。日本で師事している先生はもちろん、現地で師事する先生と相談した上で、自分自身にとって一番よいタイミングを見計らって留学すると良いでしょう。海外で師事したい先生が決まっている場合は、渡航前に先生とコンタクトを取ることで、よりスムーズに留学をスタートする事ができます。

憧れの音楽大学や師事したい先生を見つけたら、留学の準備は早めに始めるのがポイント。受験対策はもちろん、留学先で円滑なコミュニケーションをとるために語学の準備もできるだけ万全にしておきましょう。あわせて、留学の費用の負担を少しでも軽減するために活用したい奨学金・各種支援情報や、海外の生活で必要になる各種保険やクレジットカード、銀行への送金方法も要チェック。

このページでは、海外の音楽大学のピアノ科の特色やレベル、受験、学費の情報まで、さまざまな音楽留学の情報をチェックできます。海外の音楽大学は日本の音楽大学と同様に、レベルや特徴が音大ごとにそれぞれ異なり、日本よりも「入学しやすく、卒業が難しい」のが特徴。入試対策を万全に行うのはもちろん、入学後も常に理想を高く持ち、ステップアップしていくことが大切です。音楽留学で多くのことを吸収し、ピアニストとして世界へ大きく羽ばたきましょう!

英会話は留学の必須条件!
オンライン英会話で会話力をUP(無料体験レッスン実施中!)

留学前の準備として一番はじめに取り掛かりたいのが語学の習得。どこの国へ行っても音楽留学には英語が必ず必要です。
忙しい留学前に効率よく英会話を学びたいと考えている人におすすめなのがオンライン英会話。パソコンとインターネット接続環境が整っていれば、好きな時間に本格的な英会話を学べるため、利用者が急増しています。

オンライン英会話のスクールは数多くありますが、その中でも高い評価を得ているのが、リーズナブルな料金と利用者のニーズに応える豊富なサービスで、高い評価を得ているRarejob(レアジョブ)です
レアジョブは、専門のトレーニングを受けた外国人講師がレッスンを担当。フィリピンの高学歴者を中心に講師を採用する事で、入会金無料、月額5,800円(税抜)〜という破格のレッスン料を実現しています。Skypeを利用して行われるレッスンは、ユーザーの英語レベルや要望に沿ってレッスンを構成。毎日英会話を勉強できる「毎日25分プラン」や「毎日50分プラン」「毎日100分プラン」のほか、週末のみ受講するプランも用意されているので、自分のペースで無理なく英会話を続けられる点も大きな特徴です。レッスンは朝6時から深夜1時まで対応、予約はレッスン開始5分前まで、キャンセルも30分前まで受付中。時間を合わせれば、留学先でも英会話オンラインを活用して語学力アップできる点も大きな魅力です。

※現在、無料会員登録すると
無料体験レッスンが2回受けられる特別キャンペーンを実施中!

⇒その他の英会話学習方法をチェック

トップへ戻る

世界三大音楽院

パリ国立高等音楽院

フランス国内最高峰の伝統的な音楽院。ドビュッシー、ラヴェル、メシアン、ビゼー、サティなど、近現代の西洋音楽史において重要な位置をもつ作曲家・演奏家を多数輩出。日本では「のだめカンタービレ」の主人公「のだめ」の留学先のモデルとなった音大として多くの人に知られた。
入試の倍率が高い音大として知られ、2月に実施する入試では世界各国から精鋭の学生が集い、切磋琢磨しながら数多くの入試受験科目をこなす。教授陣には多くの有名音楽家をそろえ、レベルの高い授業・レッスンを提供。入学後5年間は、教授とアシスタントのレッスンを毎週受講し、室内楽や語学、ソルフェージュ、楽曲分析などの充実した授業が行われる。また、大学内のホールやフランス・ヨーロッパ各地での演奏機会を数多く用意しているため、プロとしての自覚が自然と身につくようになる。留学生を積極的に受け入れている点も評価されており、留学生が安心して生活できるように留学生窓口や大学寮を完備。おおよその生活費は月額700EURO〜1,000EUROが相場。公式サイト内には留学生のためのガイドブックがあるのでチェックしておこう。音楽留学を考えるピアニストにとって憧れの音大ではあるが、ほかの音楽大学と比較して入学時の年齢制限が22歳までと厳しく、日本の大学を卒業した後だと受験資格がなくなる点のみ要注意。

  • 【創立】1629年
  • 【学費】410EURO(2010年度・1年間の授業料)
  • 【入試試験科目】 ピアノ実技、初見視奏、聴音、ソルフェージュなど
  • 【受験の年齢制限】 22歳(ピアノ)
  • 【音楽大学の場所】 パリ/フランス

チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院

ロシア国内の音楽教育機関で最高の権威を持つ音楽大学。音楽教育者ニコライ・ルビンシテインによって創設され、1940年のチャイコフスキー生誕100周年を記念して現在の正式名称となった。
ピアノ科のレベルは高く、スクリャービンやラフマニノフ、リヒテルなど、多くの優秀なピアニストを輩出。卒業生の中には、イーヴォ・ポゴレリチ、ジャクリーヌ・デュ・プレなど有名な留学生が多いのも特徴。大学内に併設されている3つのホールでは毎日演奏会が行われ、大ホールはチャイコフスキー国際コンクールが開催されることでも有名。大学・大学院ともに留学生を積極的に受け入れており、留学生のための寮も用意。充実したカリキュラムが組まれた留学生向けのコースは、予備コースが1年、本科5年の合計6年間。ロシア語を徹底的にマスターする予備コースでは、ソルフェージュや和声、音楽史などの授業を全てロシア語で行う。国立なのでロシア人の学費は安いが、留学生は高額になるのでよくチェックしておこう。また、モスクワ音楽院と共同運営している日本の音楽大学「くらしき作陽大学」では、「モスクワ音楽院特別演奏コース」を設置。日本にいながらにしてモスクワ音楽院の教授による本格的なレッスンを受講できる。大学卒業と同時にモスクワ音楽院4年生に編入できる点も大きな魅力。

ジュリアード音楽院

多くの優秀な人材を輩出している、アメリカの名門音楽院。世界中から才能のある芸術家が集まり、著名な教育者のもと多彩な授業・レッスンを受け、多くのステージ経験を積む。
数段階にレベル分けされたすべてのコースにおいて、アーティストとして活躍できる人材を育成するため質の高いカリキュラムを提供。多くの留学生を受け入れており、留学生のサポート体制が充実している点も魅力。 中村紘子、一柳慧、五嶋みどり、諏訪内晶子、神尾真由子など世界で活躍する日本人卒業生を多数輩出。



留学中の電話代節約に力を発揮!
基本料金0円・通話料金1分1円〜の国際電話「Telink」

留学する子供や、海外へ渡航する友人と連絡をとる時に必ず必要なのが国際電話です。しかし、時間帯・距離によって異なる通話料や高い料金設定など、国際電話は複雑で割高感のあるイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを持つ方におすすめしたいのが、日本から海外への国際電話を格安料金で提供する「Telink」。通話プランは、月額基本料金無料で18ヵ国への通話が1分1円〜のAプラン、月額基本料金3,900円で40ヵ国への通話がかけ放題になるBプランの2つのタイプを用意。どちらのプランも対象地域が限定されているものの、2つのプラン以外に全268の国と地域への国際電話にも対応しており、固定電話はもちろん、携帯電話からの国際電話も同様の料金システムが適用されます。

Telinkでは、通話をする際に全国12ヶ所にあるTelinkのアクセスポイント番号へ電話するシステムを採用。アクセスポイント番号までの通話料金は、利用する通信事業者・契約プランにより別途必要になります。
例えば、NTTの固定電話を使用しTelinkを経由してフランスへ電話した場合、国内市内通話料金3分8.5円+Telink3分3円=通話料金合計11.5円。NTTの国際電話を利用すると、平日昼間の通話料金は1分150円、3分通話した場合450円になるため、Telinkを経由するだけで438.5円もお得になります。また、Bプランに加入した場合は月額基本料金3,800円+国内通話料金で時間を気にすることなく通話できるため、留学先の家族や友人と気軽に長電話をすることも可能です。

格安の料金設定だけでなく、多くの国際電話で導入されているプリペイドカードのチャージや購入の手間から開放されるのは大きなメリット。初期費用の必要もなく、インターネットの申込みですぐに利用できるため、国際電話の料金を節約したい方は必ずチェックしておきましょう

トップへ戻る

海外の音楽大学

ベルリン芸術大学

ヨーロッパで最大規模を誇る音楽大学。世界最高レベルの教師と才能豊かな学生が集まる。留学生が多く、国際色豊かな校風が特徴。留学生へのケアが充実している点が魅力。

ウィーン国立音楽大学

音楽の都ウィーンにある、歴史ある伝統校。世界中から才能ある音楽家が集まり、超一流の指導者のもと、世界トップレベルの音楽教育が行われる。受験では、ある程度のレベルのドイツ語が必要であるため、留学する時はあらかじめ習得しておきたい。音楽留学を目指す多くの日本人が憧れる人気の高い音楽大学で、日本人の留学生が多いことでも知られる。

  • 【創立】 1808年
  • 【学費】750EURO(2010年度の1ゼメスター、授業料のみ)※1年=2ゼメスター
  • 【入試試験科目】 専攻実技、楽典(ドイツ語)、聴音(ドイツ語)、ZD合格証明書(ドイツ語基礎統一試験合格証明書)の提出
  • 【音楽大学の場所】 ウィーン/オーストリア

ショパン音楽院

ポーランドで最も古い伝統を誇る名門国立音楽大学。ショパンが学んだ学校として知られ、才能のある音楽家を多数輩出している。コースは、学士課程3年、修士課程2年、博士課程2年の3コースを設置。教育の一環として数多くのコンサート活動を提供している。

リスト音楽院

作曲家フランツ・リストによって創立された、ハンガリーで最も伝統のある音楽院。世界的に活躍するハンガリーの偉大な音楽家を多数輩出。アール・ヌーヴォー様式の校舎はブタペストにおいて最も有名な建築物のひとつとして知られ、歴史ある建物でレベルの高いカリキュラムを学ぶ。留学生のサポート体制も充実しており、希望者には英語でレッスン・授業を行なう。ハンガリー語の特別教室も用意されているため、ハンガリー語を徹底的に学ぶことも可能。毎年多くの日本人が音楽留学する、人気の高い音大。

英国王立音楽院

長い歴史と実績を誇る英国王立音楽院。世界各国から優秀な音楽家が講師として招かれ、授業やレッスンを行なう。国際的な校風をもち、留学生へのきめ細やかなサポート体制が魅力。演奏実技と幅広い音楽専門知識の習得を重視する4年間の大学生音楽学士コースでは、専攻個人レッスンのほか、アンサンブルやアカデミック授業、音楽テクノロジー、音楽史など多彩なカリキュラムが組まれている。入学のためのオーディションを毎年東京で開催しており、合格者の中から数名に奨学金の授与が行われる。受験を考えている場合はうまく活用したい。

カーティス音楽院

超難関校として知られる、入学競争率の高い名門私立音楽学校。"Learn to Perform / Perform to Learn"という方針のもと、一流音楽家によるハイレベルな個人指導数多くのステージ経験を通じて、最高レベルの音楽家を育成する。アメリカの大学には珍しく入学時の年齢制限があり、ピアノ科は21歳までとなっている。過去の校長にヨゼフ・ホフマン、ルドルフ・ゼルキン、ゲイリー・グラフマン、代表的な卒業生にはレナード・バーンスタイン、ピーターゼルキン、ラン・ランなど、世界で活躍する人材を多く輩出。

  • 【創立】1924年
  • 【学費】 1,300ドル(入学金・年間授業料)ほか
  • 【受験の年齢制限】21歳から
  • 【入試試験科目】ピアノ実技(バッハ、モーツァルトまたはベートーヴェンのソナタ、ショパン1曲、10分の自由曲など)
  • 【音楽大学の場所】フィラデルフィア/アメリカ

ザルツブルク・モーツァルテウム大学

音楽と舞台芸術のための総合芸術大学で、W.A.モーツァルトにちなみモーツァルテウムという大学名がついた。1841年にモーツァルトの没後20年を記念して設立された「大聖堂音楽協会とモーツァルテウム」が現在の大学の前身といわれており、歴史的価値のある音大として知られる。世界的指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンの出身校としても知られている大学で、世界中から多くの若いアーティストが集まる。

ケルン音楽大学

ヨーロッパで最大級の規模を持つ音楽大学で、ケルン、アーヘン、ヴッパータールの3都市に大学を設置。充実したカリキュラムが人気の器楽コースは、プライベートレッスンやセミナー、ステージなど、プロの音楽家を目指すピアニストに柔軟に対応する多彩なプログラムを用意。在校生の約50%が外国人で、留学生への対応や環境が整っている点も魅力。

チューリッヒ芸術大学

スイス最大規模を誇る芸術大学で、9つの研究所や博物館、劇場、ホールなど音楽の勉強に最適な環境が整う。入学後はソロやオーケストラ、アンサンブルなど、プロとして活動する場が多く与えられる。

キエフ国立チャイコフスキー音楽院

ロシア音楽協会の音楽学校として、ラフマニノフやグラズノフ、チャイコフスキーの助言もと設立された音楽院。世界的に有名なピアニスト、ヴラディーミル・ホロヴィッツが卒業した学校として知られている。

ミラノ音楽院

実力のある教師陣によるレベルの高い教育と充実した施設を完備した、イタリアで最も有名な音楽院。イタリア国内はもとより世界各国から優秀な学生が集まる。

音楽留学に便利な海外キャッシュカードサービス「MoneyT Global」に注目!

音楽留学で必ず必要になるのがお金の管理
「日本の銀行口座から海外へ送金すると手数料が高いし、クレジットカードを持ち歩くのも不安・・・生活費はどうすればいい?」という悩みを持つ留学生におすすめしたいのが、簡単で便利な海外キャッシュカードサービス「Money T Global」。

これは、日本でATMやネットを利用して専用口座に振り込むと、振り込み確認1時間後に海外のATMから引き出すことが出来るサービス。送金する人も受け取る人も、「必要なときに、必要なだけ」利用することが出来るため、安心して留学生活を送ることが出来る。ATMからの引き出し手数料は、一回に付き200円で、銀行や他の海外送金サービスと比較すると割安となっている点も見逃せない。また、引き出しの際は世界200以上の国と地域にある200万台のATMが利用できるため、旅行でも活用できる。

現在、カード発行手数料が無料になる新規入会キャンペーンを実施中!海外の音大へ留学する前に、しっかりチェックしておこう。

トップへ戻る

世界へ挑戦!英語を徹底マスター

音楽は「世界共通語」。
音楽を通じて世界中の誰とでも気持ちを通わせることができる、素晴らしい言語のひとつと言ってもよいでしょう。

しかし、海外の音楽大学へ留学して現地の人とコミュニケーションをとる場合、一体何語を話せば良いのでしょうか?もちろんその国の言語を習得することはとても大切ですが、それ以上にどの国へ行っても役立つのが英語です。特にヨーロッパ圏は自国語のほかに英語を話す人が多く、音楽の世界でも英語は世界共通語として認識されています。

英語を身につけておけば、音楽留学はもちろん、国際コンクール海外の音楽祭の参加時に円滑なコミュニケーションをとることができます。現地で多くの人々とコミュニケーションをとりながら過ごす貴重な時間は、一生の財産になるでしょう。

近年は、英会話学習法として人気の「通学型の英会話教室」「通信講座」以外にも、"便利・簡単・格安"の3点がそろう「オンライン英会話」の人気が急上昇。留学前やピアノの練習が忙しい時でも、時間を有効活用して英会話の学習ができます。自分に合った学習法を見つけて、効率的に英会話を身につけましょう!

オンライン英会話

オンラインに特化することでマンツーマンレッスンを格安料金で提供。コストパフォーマンスの高さと「好きな時間」に「好きな場所で」英会話を学習できる利便性の高さから利用者が急増中。パソコンとインターネット接続環境、ヘッドホン付きマイクの3点をそろえれば、いつでも気軽に始めることができる。

英会話は留学の必須条件!
オンライン英会話で会話力をUP(無料体験レッスン実施中!)

留学前の準備として一番はじめに取り掛かりたいのが語学の習得。どこの国へ行っても音楽留学には英語が必ず必要です。
忙しい留学前に効率よく英会話を学びたいと考えている人におすすめなのがオンライン英会話。パソコンとインターネット接続環境が整っていれば、好きな時間に本格的な英会話を学べるため、利用者が急増しています。

オンライン英会話のスクールは数多くありますが、その中でも高い評価を得ているのが、リーズナブルな料金と利用者のニーズに応える豊富なサービスで、高い評価を得ているRarejob(レアジョブ)です
レアジョブは、専門のトレーニングを受けた外国人講師がレッスンを担当。フィリピンの高学歴者を中心に講師を採用する事で、入会金無料、月額5,000円〜という破格のレッスン料を実現しています。Skypeを利用して行われるレッスンは、ユーザーの英語レベルや要望に沿ってレッスンを構成。毎日英会話を勉強できる「毎日25分プラン」や「毎日50分プラン」のほか、週末のみ受講するプランも用意されているので、自分のペースで無理なく英会話を続けられる点も大きな特徴です。レッスンは早朝5時から深夜1時まで対応、予約はレッスン開始5分前まで、キャンセルも30分前まで受付中。時間を合わせれば、留学先でも英会話オンラインを活用して語学力アップできる点も大きな魅力です。

※現在、無料会員登録すると
2回まで無料体験レッスンが受けられる特別キャンペーンを実施中!

  • 【入学金】無料
  • 【授業料金】月額5,000円(毎日25分プラン)
  • 【授業形態】マンツーマンレッスン
  • 【無料体験レッスン】あり(2回無料) 
  • 【レッスン時間】6:00〜25:00

通学型英会話教室

外国人講師とスタッフの指導のもと、着実に英会話が上達する英会話教室。ネイティブスピーカーと直接対面して会話をすることで、留学先ですぐに活用できる実践的な英語を習得可能。特にオンライン英会話や通信講座、独学で英語を続けられるか不安な人は要チェック。ホームページからの予約で割引が適用されるので、上手く活用しよう。

忙しい音楽留学をサポート!「AEON」で英会話を効率的に習得

時間割と担当講師を事前に決める担任制でレッスンを行なう「AEON」。急な用事が出来たときにレッスンを他の日時に変更できる「振替制」を利用すれば、忙しい留学前も自分のペースで無理なく通学できる。効率的に英会話をレベルアップすることができる利用料無料のサポートサイトは自宅学習時に活用したい。無料体験レッスンやお得な割引、キャンペーンをしっかりチェックして英会話を始めよう!

  • 【教室数】全国47都道府県に251校
  • 【入学金】30,000円(+管理費 840円、教材費実費)
  • 【コースの種類】日常英会話、ビジネス英会話、トラベル英会話、TOEIC・テスト対策、海外留学&ホームステイ、こども英会話
  • 【無料体験レッスン】あり
  • 【お得なキャンペーン】
    • 入学時に学費が10,000円割引になるキャンペーン実施中
    • 無料体験レッスンの申込みで入学時に3,000円割引
    • コース説明会の予約で3,000円割引
    • Webの入学予約で10,000円割引

通信講座

ピアノを演奏する人は「聞く力」が備わっているため、耳から英語を学ぶのが最も効率的といわれています。そんな音楽留学を目指しているピアニストにおすすめしたいのが、初心者から上級者まで自分のペースで勉強できる通信講座。テキストやCDを使用し、ライティングとリスニングの両方を身につけることができるのが魅力。毎日の習慣にすることにより、留学前の忙しい生活の中でも効率よく勉強することができる。

英語教材の老舗「アルク」が独学を手厚くサポート!

通信英語教材「アルク」では、英語の聞き取る力を強化する「リスニング」コースや会話の表現力やテクニックを広げる「英会話」コースなど、初心者から上級者までそれぞれの英語力に応じて様々なコースと豊富な教材を用意。独学で英語を学ぶ音楽留学生を、アルク独自の手厚いサポート体制で応援する。

  • 【1000時間ヒアリングマラソン】
    一定期間集中して生の英語を聞くことで、コミュニケーションにおいて最も重要な聞き取りを強化。通学時間などを活用して普段の生活でヒアリング力を高める。
    ※12ヶ月 52,290円(会員:47,061円)

  • 【英会話コエダス・アドバンス】
    実際に英語を声に出して、より実践的なトレーニングを行なう教材。
    ※6ヶ月 39,690円(会員:35,721円)

トップへ戻る