中古ピアノの販売サイトを紹介。中古ピアノの選び方のポイントは?

音楽ニュース

中古ピアノの販売サイトが話題に 中古ピアノの選び方のポイントは?

ピアノは、中古でも新品と同様の素晴らしい音色が楽しめる楽器です。メンテナンスさえしっかりと行っていれば、100年を超えて半永久的に使用することができます。また、ピアノの購入を考えている人には、定価から数十万円以上も安くなる中古ならではのお手ごろな価格も魅力でしょう。
今、そんな中古のピアノをネットで販売する通販サイトが注目を浴びています。

ピアノ屋ドットコム 公式HPキャプチャ
ピアノ屋ドットコム 公式HP

例えば、京都伏見に実店舗を構える「ぴあの屋ドットコム」は、写真や品物の説明文をページに掲載するだけでなく、動画を使ってピアノを紹介。社長自らが一台一台商品をビデオで撮影し、品番や内部の構造、デザインなどを実物を写しながら説明しています。動画の後半では実際に演奏を行い、店舗を訪れることができない人でも音色や品質を確かめることができます。中古ピアノの修理、リメイクは自社所属の調律師が行い、新品同様の仕上がりで出荷。郊外に店舗と倉庫を構えることで固定費を節約し、椅子やメトロノームとのセット販売をやめることで、販売価格を1〜2割ほど抑えている点も大きな魅力です。

富士楽器 公式HPキャプチャ
富士楽器 公式HP

「音色を確認できる」中古ピアノの販売サイトとして、もう一つ有名なのが「富士楽器」です。こちらも動画で音色を確認することが可能。保証期間が5年間ついてくるなど、新品のピアノを販売している楽器店に勝るとも劣らないアフターサービスを用意しています。

中古で価格が下がるとはいえ、最低でも数十万円はするピアノを買う際は慎重になってしまうのは当然のこと。しかし、店舗を何軒もはしごしてピアノの音色、品番を確認し、店員さんにいろいろな話を聞くのは大変な作業です。
しっかりと調律されたピアノをお得な価格で手に入れたいという方は、店舗に出向かなくとも自分に必要な情報を知ることができる中古ピアノの通販サイトを利用して、ピアノの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

★ネットでピアノを購入する際のチェックポイント

送料送料はショップによってばらつきあり。最低でも1万円強、グランドピアノならば地域によっては10万円以上かかることも。
アフターサービス保証期間や保証の内容をチェック。実店舗を全国に展開している中古ピアノ店はほぼないため、万が一故障した場合の手続き方法や出張範囲を確認しておこう。
調律サービス購入後の調律サービスは、有料の場合、出張費だけ必要な場合と様々。販売会社所属の調律師に依頼すると安くなる場合が多いので、調律サービスの詳細に加えて調律の対応可能地域もチェックしよう。

ニュースバックナンバーはこちら