ヤマハの電子ピアノ、アリウスとクラビノーバが2013年グッドデザイン賞を受賞

音楽ニュース

YAMAHAのピアノ、2013年グッドデザイン賞を受賞

ピアノ画像 大手楽器メーカーのヤマハが、電子ピアノ2件を含む、楽器・音響機器計6件で、2013年のグッドデザイン賞を受賞しました。

ヤマハは、ピアノ生産量世界第1位を誇る、日本を代表するピアノメーカーです。大量生産により、安定した品質と低価格を実現し、世界中で多くの人に利用されています。ヤマハ製の楽器は、質の高い音だけでなく、1957年からはピアノを含む合計258件の製品デザインがグッドデザイン賞を受賞しており、厳選された素材とシンプルで美しいデザインも高く評価されています。

今回、新たにグッドデザイン賞を受賞したヤマハの電子ピアノは、2012年10月に発売されたアリウス「YDP-S51」と、2013年2月に発売されたクラビノーバ「CVP-609B」、「CVP-609PE」、「CVP-609PM」の2つです。

ヤマハの電子ピアノ・アリウス「YDP-S51」は、コンパクトなサイズながら、本格的な演奏性と音色を兼ね備えた電子ピアノです。グランドピアノの音をサンプリングし、最新の音響技術を搭載することで、高音質でなめらかな弾き心地を実現しています。また、低音から高音にかけて段階的に鍵盤の重さが変わる「グレードハンマー鍵盤」や、金属ペダルを採用し、コンパクトな電子ピアノならではの鍵盤の軽さや、ペダルの踏みづらさといった問題を解決しています。高い機能を備えているだけでなく、ピアノを弾く「空間」を大切にしたデザイン設計がなされている点も特徴の一つ。譜面立てやペダルの位置、蓋の開閉にもこだわり、まるでアップライトピアノのような雰囲気と佇まいのピアノに仕上がっています。ヤマハの電子ピアノ・アリウスであれば、アップライトピアノやグランドピアノの難点であった、重さや大きさ、またメンテナンスを気にすることなく、手軽に本格的なピアノ演奏を楽しむことができるでしょう。

ピアノ画像 アリウスとともにグッドデザイン賞を受賞した、もうひとつの電子ピアノがクラビノーバです。ヤマハの電子ピアノ・クラビノーバ「CVP-609B」、「CVP-609PE」、「CVP-609PM」は、高い演奏感と、ピアノを楽しむための充実の機能が一体となった多機能ピアノです。タッチパネルを採用し、演奏中でも、直感的でシンプルな操作が可能になっています。グランドピアノさながらの音質や、鍵盤の重さなどはそのままに、液晶ディスプレイによるガイド機能や自動伴奏機能、カラオケ機能など多彩な機能を搭載しており、従来のピアノ演奏はもちろん、様々な楽しみ方ができます。また、デザインでは、操作性を重視し、ボタンとタッチパネルの配置にこだわりつつ、アコースティック・ピアノのような佇まいを実現している点も魅力です。

電子ピアノには、アップライトピアノやグランドピアノにはない魅力がたくさんあります。特に、マンションやアパートに住んでいてピアノの音や重さが気になるという人や、ピアノの練習だけでなく、カラオケや伴奏付きの演奏を楽しみたい人は、電子ピアノがおすすめです。ピアノの購入や買い替えを検討している人は、コンパクトながら自然な弾き心地を実現しているアリウスや、多彩な機能を搭載したクラビノーバを検討してみてはいかがでしょうか。

電子ピアノアリウス「YDP-S51」 2012年10月発売 オープン価格
電子ピアノクラビノーバ 2013年2月発売
「CVP-609B」 希望小売価格556,500円(税込)、「CVP-609PE」 希望小売価格609,000円(税込)、「CVP-609PM」 希望小売価格651,000円(税込)

ニュースバックナンバーはこちら