音楽大学の受験・学費・レベル

日本の音大

日本の音大のポイント

国内の音楽大学を目指そう
音楽大学を選ぶ基準を解説
東京・首都圏の音楽大学【ピアノ科の情報】
大学選びに役立てよう。東京・首都圏の音楽大学を比較
国内の音楽大学を目指そう

「もっとピアノを極めたい」「ピアニストになりたい」など、ピアノの道を志す気持ちが固まってきたら、音楽大学への進学を視野に入れましょう。音大では、ピアノや音楽の専門的な知識をさらに深め、著名な教授やプロの演奏家の指導のもと、より実践的な技術をマスターすることができます。また、同じ道を歩む学生と切磋琢磨しながら生活することも良い刺激になるでしょう。

大学を選ぶ基準は、コースの内容、大学の雰囲気、施設の充実、アクセス、学費、奨学金・特待生制度の充実など、それぞれの価値観により異なります。注意したいのは、ネームバリューだけで音大を決めてしまうことです。大学名は時にステータスとなることがありますが、自分自身の目標となる「師事したい先生」がいるか、または「自分が本当にしたいこと」を実現できる音大かどうかを見極めなくてはなりません。もちろんネームバリューも大切ですが、「師事したい先生」がいる大学へ進学すれば、入学後にキャリアを積む過程で大きなプラスになり、着実に演奏スキルをレベルアップできます

もうひとつ、音大を選ぶときにチェックしておきたいのが学費。音大の学費は一般的な大学と比較すると高額ではあるものの、各大学で導入している奨学金制度や特待生制度を利用すれば、学費の免除や減額が適用されます。しっかりチェックして上手く活用しましょう。

多くの音楽大学が、夏季・冬季にオープンキャンパスや講習会を行っています。音大の雰囲気を間近で体感できるだけでなく、受験対策を練る絶好のチャンスです。志望校の問題傾向をつかみ、効率よく勉強することが音大合格への近道「受験対策」ページや実技試験に役立つ「楽譜の選び方」ページも活用して、早めに受験対策をスタートして他の受験生に差をつけましょう!

プライベートレッスンでピアノの腕を磨く
【シアーミュージック:ピアノコース】※初回体験レッスン無料

「sheermusic(シアーミュージック)」は、徹底したマンツーマンレッスン指導と独自サービスに定評があるピアノ教室。ピアノの腕を磨きたい学習者から音大入学を目指す人まで幅広くサポート。
最大の特徴は、生徒ひとりひとりの学習目的に沿った幅広いサポートシステムを提供している点。これまでのレッスン経験や弾きたい曲のカウンセリング&ヒアリングから始まり、生徒のレベルやスキルを考慮した上で生徒に最適なレッスンが進められる。音大入試を目指す場合も、入試対策をしながら着実にステップアップしていくことができる。また、独自のWEB予約システムを導入しており、レッスンの日時は生徒が自由に設定可能。忙しい学生や大人でも好きな時間に自由にレッスンを受講できる点は大きなメリットとなっている。
現在、1レッスン分の無料体験レッスンを実施中。どのようなレッスンを実施しているか知りたい方は、この機会にまず体験レッスンから始めてみると良いだろう。

トップへ戻る

東京・首都圏の音楽大学【ピアノ科の情報】

東京藝術大学

日本国内において唯一の国立の音楽大学。実技試験を最重要視する入試は、倍率・レベルともに日本の音大の中で最も高い。トップレベルの人材養成を行い、一流の音楽家を多数輩出している。音楽学部器楽科(ピアノ)は、日本国外で活躍する著名な指導教員による、充実したカリキュラムを提供。各種奨学金制度も用意されており、経済的な理由などで入学料の納付が困難な場合は「入学料免除」または「入学料徴収猶予」制度が利用可能。

  • 【学費】合計928,360円(初年度納付金)
    (入学金:282,000円、年間授業料:803,700円、諸経費)
  • 【入試試験科目】大学入試センター試験の国語と外国語(英語、ドイツ語、フランス語から1科目選択)、聴音、楽典、新曲視唱、リズム課題、専攻実技
  • 【学生寮】あり(寄宿量月額4,300円、光熱水料月額約19,000円)

桐朋学園大学

優秀な音楽家を多数輩出している名門校。ピアノ科は、個人レッスンの他に室内楽や2台ピアノ、伴奏法など、他楽器とのアンサンブル経験を重視したカリキュラムを用意。大きなコンクールの前には学内勉強会が開催され、具体的なアドバイスを受ける機会を提供し、コンクールへ挑戦する学生をバックアップ。奨学金や特待生制度も充実しており、在学期間中の学費が全額免除される「特待制度」のほか、試験で優秀な成績をおさめた場合、各種奨学金を適用。

  • 【学費】合計2,706,600円(初年度納付金)
    (入学金:900,000円、年間授業料:1,360,000円、諸経費)
  • 【入試試験科目】一般学科(国語、英語)、楽典、聴音、新曲視唱、専攻実技
  • 【学生寮】自宅から通学が困難な者に限り利用可能(賃料78,000円、敷金・礼金・共益費等なし、光熱水費は自己負担)

東京音楽大学

創立100年を迎えた私立音楽大学。ピアノ科は3コース用意されており、基礎能力を高めて将来の音楽活動における基盤を学ぶ「ピアノコース」、実践的な舞台経験を積み演奏家として自立を目指す「ピアノ演奏家コース」、その中でも特に才能がある学生を対象とした「ピアノ演奏家コース・エクセレンス」から自由に選べる。「ピアノ演奏家コース・エクセレンス」は特別奨学金が授与され、担当教員以外からも自由にレッスンを受講できるなど、多くの特典と支援サービスを利用できる。 その他、在学期間の学費が全額免除される「特別特待奨学生」など、各種奨学金制度が充実している点も魅力。

  • 【学費】合計2,312,000円(初年度納付金)
    (入学金:300,000円、年間授業料:1,487,000円、諸経費)
  • 【入試試験科目】大学入試センター試験の外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語より1科目選択)、楽典、新曲、聴音、専攻実技。「ピアノ演奏家コース・エクセレンス」は別日程で書類審査・ピアノ実技・面接のみ行われる。
  • 【学生寮】女子寮あり。食事付き、練習室は43室完備。

昭和音楽大学

個々の持つ才能や実力を最大限発揮できる施設や環境が整う昭和音楽大学。豊富なステージ経験を用意し、レッスンや授業では実践に役立つ具体的なカリキュラムを学ぶ
大学付属のホール「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」「ユリホール」では、世界の一流アーティストによる質の高いコンサートを間近で体感できる。ピアノ科は「ピアノ演奏家コース」「ピアノ指導者コース」「ピアノ音楽コース」の3コースを用意。特に「ピアノ演奏家コース」は充実したカリキュラムが組まれており、イタリアで行なわれる海外研修では、現地の著名な講師陣による個人レッスンと室内楽のレッスンを受講できる。 また、特待生制度が充実ている点も大きな魅力で、学費が免除される「給費生入試」や入学後に適用される「給費生制度」など、さまざまなを制度を用意。免除額は授業料の全額から1/4額までの4段階に分かれ、特に優秀な成績を修めた者は施設費も免除される。

  • 【学費】合計2.295.500円(初年度納付金)
    (入学金:250,000円、年間授業料:1,340,000円、諸経費)
  • 【入試試験科目】一般科目、楽典、ソルフェージュ、専攻実技など(コースにより科目が異なる)
  • 【学生寮】遠方の学生のみ利用可能。練習室は10室用意(入寮費 80,000円、共益費 156,000円、寮費 432,000円、個室電気代 30,000円、合計698,000 ※月額換算49,000円)

トップへ戻る

国立音楽大学

国立音楽大学では、基礎課程(1,2年次)で身につけた幅広い知識を、専門課程(3,4年次)でさらに深く学ぶカリキュラムを用意。鍵盤楽器専修では、専攻のピアノを基盤に、アンサンブルや講義、指導研究など多彩なコースが設置されており、専門知識をより深く極めることが可能。成績優秀な学生を対象に、国内外の講習会等に参加するための経費を給付する制度も用意されている(海外上限50万円、国内上限20万円)

  • 【学費】合計2,069,000円(初年度納付金)
    入学金 50,000円、年間授業料 1,250,000円、施設費 500,000円、諸経費
  • 【入試試験科目】楽典、聴音、国語、外国語、専攻実技
  • 【学生寮】女子寮あり(入寮費100,000円、寮費29,000円、食費32,000円、入寮時合計161,000円)。練習室、食堂完備。寮以外にもアパートの紹介を行う

洗足学園音楽大学 

授業はすべての専攻において「専門必修科目」と「専門選択科目」、「全コース選択科目」の3つに分かれており、専攻以外に選択できる科目を数多く用意。自由度の高いカリキュラムの中で、さまざまなジャンルの音楽知識を深めることにより、幅広い教養を身につけることができる。成績優秀で他の学生の模範となる学生に対し奨学金(3万円〜50万円)の給付を行う「前田記念奨学金制度」も要チェック。

  • 【学費】合計2,190,000円(初年度納付金)
    入学金:200,000円、年間授業料:1,490,000円、施設費:500,000円、諸経費
  • 【入試試験科目】楽典、聴音、国語、外国語、専攻実技
  • 【学生寮】女子寮あり。ピアノの持ち込み可能。全室21時30分まで練習可。

武蔵野音楽大学

器楽学科の有鍵楽器専修(ピアノ科)は、4年間で基本的なレパートリーと技術を身につけ、ピアニストとしてより高度な演奏をめざすシステムが組まれている。伴奏法、室内楽、ピアノデュオなど多彩なレッスンカリキュラムから自由に科目を選択し、幅広い知識を身につけることができる。優秀な新入生を対象にした「学修奨励金」をはじめ、優秀な成績をおさめた学生を対象に給付する「福井直秋記念奨学金(返還義務無し)」、外国人客員教授のレッスンが無料になるシステムなど、入学後の特典も豊富に用意。

  • 【学費】合計2,300,000円(初年度納付金)
    入学金:200,000円、年間授業料:1,750,000円、施設費:340,000円、諸経費
  • 【入試試験科目】視唱、聴音、楽典、国語、外国語、専攻実技
  • 【学生寮】女子寮2つ(寮費年間683,000円、朝・夕2食の食事、寝具料込み)、男子寮1つ、計3つの寮を設置。練習室完備、早朝から深夜まで音出し可能。

上野学園大学

ピアノ科は「演奏家コース」と「ピアノ専門」の2コースを用意。「演奏家コース」では、幅広いレパートリーを習得するために毎週120分の個人レッスンが行われる。数多くの演奏体験を通じて高度な演奏能力を養い、国内外の舞台で活躍できる演奏家の育成をめざす。「ピアノ専門」コースは独奏・アンサンブル・伴奏の実践を通して、演奏者・教育者の能力を身につけることができるコース。入学金と施設費、授業料が全額免除になる「特待生S」など合計7種類の特待生制度も要チェック。

  • 【学費】合計1,171,300円(初年度納付金)
    入学金:入学金:200,000円、授業料:1,445,000円、諸経費
  • 【入試試験科目】楽典、聴音、初見視唱、専攻実技
  • 【学生寮】女子寮あり(入寮費80,000円、月額80,000円〜、ピアノ使用料など)

東邦音楽大学

ピアノ科は、ソロ・アンサンブル・伴奏など専門分野において幅広く活躍できるための教育を行い、演奏家や指導者として活躍できる人材を育成。大学3年次の必修科目となっている「ウィーン研修」は、15日間にわたり演奏家として貴重な経験が積めるカリキュラムが組まれた海外研修。新入生を対象とした「特待生制度(S)」や2〜4年生対象の「東邦音楽大学奨学金」など、各種特待生制度・奨学金制度も数多く用意されている。

  • 【学費】合計2,170,000円(初年度納付金)
    入学金:300,000円、授業料:1,270,000円、施設費:600,000円
  • 【入試試験科目】小論文、楽典、聴音、コールユーブンゲン、新曲視唱、専攻実技
  • 【学生寮】なし

トップへ戻る

愛知県立芸術大学

ピアノ科は個人レッスンを中心とした教育を行い、演奏家としての能力を養うことに重点を置く。 カリキュラムの中心となるマンツーマンの指導(独奏)で基礎能力を身につけ、合奏・室内楽・伴奏を学ぶことで応用力を養い、様々な音楽活動に 対応できる音楽家の育成をめざす。各種奨学金が利用可能。

  • 【学費】合計882,360円(初年度納付金)
    (学金:282,000円、授業料:535,800円、諸経費)
  • 【入試試験科目】大学入試センター試験の外国語(英語・ドイツ語・フランス語)から1科目、その他要項に記載された科目から1科目の合計2科目、実技試験
  • 【学生寮】女子寮あり(月額39,000円、その他諸費用)。防音ピアノ室、多目的ホールを併設

京都市立芸術大学

ピアノ専攻は、ソロ演奏の個人レッスンに加え、ピアノデュオ、伴奏、室内楽などの指導をベースに、ピアノ演奏のあらゆる可能性 を身につけられる教育を行う。それぞれの学年ごとに実技試験の課題曲が設定されているため、広範囲に渡るピアノ作品を勉強し、 レパートリーを広げることができる。実技の他にも作曲法、管弦楽法、楽曲分析など多くの講座で幅広い知識の習得をめざす。各種奨学金制度に対応。

  • 【学費】合計834,800円(初年度納付金、京都市内出身者の場合)
    (入学金:282,000円、授業料535,800円、諸経費)
  • 【入試試験科目】大学入試センター試験の国語と外国語(英語・ドイツ語・フランス語)の計2科目、音楽通論、聴音書取、新曲視唱、ピアノ新曲視奏、専攻実技
  • 【学生寮】なし

エリザベト音楽大学

鍵盤楽器専攻では、ピアノの個人レッスンのほか、室内楽や伴奏法、鍵盤楽器の発達史や構造学、演奏解釈など、演奏技術や音楽理論 を習得するための授業が充実しており、実践と理論の両面にわたって学ぶことができる。入学時期は4月の春季入学と9月の秋季入学から選ぶことが出来 る。学業・品行ともに優れた学生を対象に学費の一部を給付する「ザビエル奨学賞(特待生制度)」のほか、各種奨学金制度を用意。

  • 【学費】合計1,900,000円(初年度納付金)
    (入学金:300,000円、授業料:1,300,000円、施設費:300,000円)
  • 【入試試験科目】楽典、ソルフェージュ(新曲視唱か旋律聴音のどちらか1つ選択)、英語、専攻実技
  • 【学生寮】大学から徒歩3分の場所に女子寮あり(月額79,000円、年額922,000、入寮費150,000円)。練習室や図書室などの施設を備え、平日のみ3食の食事付き。

大阪音楽大学

ピアノ科は「演奏家特別コース」と「ピアノ専攻」の2のコースを用意。「演奏家特別コース」は、世界で活躍できる演奏家の 育成をめざし、2名の教授によるレッスンと学外からの著名な演奏家のレッスンを受講することができる。さらに伴奏や室内楽の授業により、 それぞれの分野で活躍できる力を身につける。「ピアノ専攻」は、卒業後の多彩なニーズに対応できる能力の育成をめざし、様々な種類の授業を用意。 入学試験実技成績の上位合格者を「特待生」として1年次の授業料の一部を減免(400,000円)するほか、各種奨学金が充実。

  • 【学費】合計2,380,000円(初年度納付金)
    (入学金:400,000円、授業料:1,630,000円、施設費:350,000円)
  • 【入試試験科目】ソルフェージュ、楽典、専攻実技
  • 【学生寮】女子寮あり(入寮費は70,000円、寮費年額342,000円〜372,000円、食費年額147,000円)。全室個室、ピアノの持ち込み可能

トップへ戻る

大阪芸術大学

ピアノコースは、学年ごとに異なるテーマを勉強し、実践で役立つテクニックを幅広く身につける。1年次は伴奏法、 2年次はアンサンブル、3・4年次は作品研究などを学び、作品へのより深い理解をめざす。ピアノのみならず、チェンバロやパイプオルガン、 電子ピアノなど、あらゆる鍵盤楽器を学ぶことが出来るものピアノコースの特徴となっている。一般入学試験で規定の成績を満たした新入生は、 4年間学費が全額免除される「特待生選抜制度」に選抜。その他各種奨学金も充実。

  • 【学費】合計2,080,000円(初年度納付金)
    (入学金:330,000円、授業料:1,1000,000円、施設費:650,000円)
  • 【入試試験科目】専攻実技のみで行う「専門試験方式」、もしくは大学入試センター試験の指定の教科より2科目選択と専攻実技で行う「センター試験+専門試験方式」のどちらかを選択
  • 【学生寮】なし。学生生活のサポートとして、ワンルームマンションの紹介を行う

名古屋音楽大学

ピアノコースは、多くの実践を通して高い演奏力の習得を重視。ピアノ演奏理論やピアノ伴奏法などの科目のほか、学年ごとに 多彩なカリキュラムが組まれており、幅広い知識と教養を身につける。2・3学年には、ピアノ演奏会やピアノコンチェルトを経験できるチャンスを 数多く用意。授業料の全額・半額・1/4額を授与する「特待生制度」のほか、無利息の奨学金制度も充実。

  • 【学費】合計2,000,000円(初年度納付金)
    (入学金:200,000円、授業料:1,300,000円、教育充実費:500,000円)
  • 【入試試験科目】ソルフェージュ(新曲視唱・聴音)、実技試験、音楽理論
  • 【学生寮】女子寮あり(入寮費60,000円、半期120,000円)。全室個室、練習室完備

平成音楽大学

ピアノコースは、楽曲を表現するための広い視野と洞察力を学園生活の中で培いながら、作曲家の特徴や様式の理解、和音などの 理論的な知識の修得をめざす。さらに室内楽や伴奏法などの授業も併せて行い、総合的な演奏技術の向上をはかる。入学試験の成績優秀者若干名に 対して、初年度授業料の半額が免除される「特待生制度」や、2年次から成績により選考される「特別奨学生」制度を用意。

  • 【学費】合計1,700,000円(初年度納付金)
    (入学金:200,000円、授業料・施設費:1,500,000円)
  • 【入試試験科目】楽典、聴音・コールユーブンゲンより1科目選択、小論文、専攻実技
  • 【学生寮】大学構内に女子寮を併設(月額43,000円:1人部屋、朝夕2食付き)

※学費や受験情報は、特に記載がない限り全て平成24年度公表のデータを掲載しております。

トップへ戻る