ピアノの防音や消音の問題を解決!サイレント・ピアノやスタジオも要チェック

ピアノの防音と消音

ピアノの防音対策

快適なピアノの練習をするために、必要不可欠であるピアノの防音。
「ピアノの練習時間が不規則で、早朝や夜中に弾きたい」「まわりに気兼ねなく思いっきりピアノを練習したい」「マンションに住んでいるので、近所に迷惑をかけていないか心配」など、ピアノを弾く人であれば誰もが防音で悩んだ経験があるでしょう。

近年は、都心部のマンションやアパートを中心に、ピアノの音による近隣住民とのトラブルが多発しています。ピアノを弾く人にとってピアノの音は心地よいものですが、「ピアノの音が、時には人の迷惑になり、騒音にもなり得る」ということを、十分に理解しなければなりません。

ピアノを弾く人は、ピアノの音でトラブルが起こらないよう十分配慮し、防音対策に取り組みましょう。また、防音をすることで外部からの騒音が少なくなり、練習がさらに快適になるメリットもあります。近隣住民に配慮することはもちろん、自分自身のピアノの練習環境をさらに快適にするためにも防音は有効な手段なのです。

具体的には部屋をリフォームをするのが最も効果のある防音対策ではありますが、このページでは今すぐ取り組める防音対策をご紹介。今すぐ実践できるお手軽なピアノの防音方法や防音のグッズ、消音が可能なサイレント・ピアノやおすすめの消音ユニットの紹介、充実した設備が魅力のピアノのスタジオなど、防音に悩んでいる人は必見の情報が満載です。さまざまな防音対策をチェックして、ピアノの防音の悩みを解決しましょう!

今すぐ実践!お手軽なピアノの防音

壁からピアノを離す
アップライト・ピアノの場合、10cm〜20cm程度ピアノと壁の間に隙間をつくる。こうすることにより音が横に逃げるため、反対側の壁に漏れる音が少なくなる。
ピアノの裏側に毛布を敷きつめる
アップライト・ピアノの裏側の木材の部分に、厚手の毛布を取り付けるだけ。毛布がピアノの音と振動を吸収し、防音に大変効果的。多少なりともピアノの音がこもってしまう点がネック。
カーテン、絨毯、ソファなどを設置
布はピアノの音を吸収するグランドピアノは音が下へ響くため、厚手の絨毯を敷くと防音の効果が期待できる。コンサート会場においても、人が入ることで残響が変化する(人の服が音を吸収するため)。ちなみにフローリングは最も音が反響しやすいため注意したい。

実践!ピアノの防音グッズを紹介

【防音マット】
下へ行くピアノの音に着目し、床からの反射音を吸収する。特にフローリングの床に適しており、マットを敷くだけで防音対策ができる気軽さが人気。グランドピアノ用とアップライトピアノ用それぞれ販売中。

【防振ゴム台(インシュレーター)】
ピアノの足の下に取り付ける「防振ゴム台(インシュレーター)」は、特殊ゴムによりピアノの演奏時に発生する振動を吸収し、音漏れを防ぐ。簡単防音器具として、マンションや戸建どちらのケースでも利用可能。ピアノの転倒を防ぐ意味でも、すべてのピアノの必需品となっている。

入会費・年会費無料の「楽天カード」でピアノの防音・消音グッズをお得にゲット!

入会費・年会費永年無料の「楽天カード」は、楽天市場の利用で楽天スーパーポイントがいつでも2倍、週末は3倍にアップするなど、ポイントサービスが充実。
例えば上記の「グランドピアノ用防音マット」を購入する場合、定価58,800円が店舗割引で46,980円になり、楽天カードの支払いで約1409円相当のポイントが加算。割引額とポイント分を合わせると最大13,229円分お得になる。楽天市場以外の利用でもクレジットカードの支払い100円につき1ポイント貯まり、日常生活においてもポイントを貯めやすい点も大きな魅力となっている。
※現在期間限定で5,000円相当の楽天スーパーポイントがもらえる新規入会キャンペーンを実施中!

トップへ戻る

「サイレント・ピアノ」で防音!

音をできるだけ出さずにピアノを練習したいという方には、消音の機能が付いた「サイレント・ピアノ」は最も有効な防音の手段のひとつです。一般的なサイレント・ピアノは、弦を叩くハンマーの動きを直前で止め、光センサーによって読み取られた打鍵情報を電子音源に変換した音を、ヘッドフォンで聞く構造を取っています。サイレント・ピアノの特徴をしっかりチェックして、防音の選択肢のひとつとして検討してみましょう。

【サイレント・ピアノのメリット】
  • 音が全く出ないため、防音には最も効果的。時間を問わず練習可能
  • ヘッドフォンから音を聴くことができる
【サイレント・ピアノのデメリット】
  • 鍵盤を打鍵する音が独特であるため、「カタカタ」と鳴る音が気になる人もいる
  • 通常のピアノとは製造方法が違うため、鍵盤のタッチは本来のピアノが持つ質感とは異なる
  • ヘッドフォンから聞こえる音は電子音であるため、ピアノ本来の音とは異なる

トップへ戻る

「ピアノ消音ユニット」で手持ちのピアノを消音機能付ピアノに!

「ピアノ消音ユニット」は、通常のピアノが消音機能付ピアノになる後付けの消音装置
「通常のピアノを購入したものの、近隣から苦情がきてしまった」「環境が変わりサイレント機能が必要になった」など、あらゆる防音の悩みに対応可能です。ピアノに取り付ければ手持ちのピアノが消音の機能が付いたサイレント・ピアノになり、音はヘッドホンから聴くことができます。 レバーで通常のピアノと消音ピアノの機能をを切り替えられるものの、鍵盤のタッチが変化してしまう点など、一度取り付けるとピアノが電子楽器になることを事前によく理解しておきましょう。また、手持ちのピアノが消音ユニットに対応しているかどうかのチェックも重要です。

おすすめ!コルグ社のピアノ消音ユニットをチェック

コルグ社のピアノ消音ユニットは、打鍵の読み取りに光センサーを採用。打鍵時の情報を瞬時に読み取り、電子音源に伝える。アップライト・ピアノ用の消音ユニット(KHP2000)は、ハーフペダルに対応し、オルガンやエレクトリック・ピアノ、ストリングスなど音色のバリエーションを豊富に搭載。その他メトロノーム機能やレコーダー機能、デモ曲の搭載など初心者の練習に役立つ機能がそろう。

好きな時間に、好きなだけ!ピアノのスタジオで練習する

好きな時間に好きなだけ思う存分練習できるピアノのスタジオ。最良のコンディションが整ったスタジオは、練習での利用のほかにも、リハーサルやレコーディングなど幅広い用途に対応します。普段とは気分を変えて練習したいときは、スタジオを活用してみるのも良いでしょう。もちろん防音の心配は必要ありません。

【スタジオノア】

会員登録制(入会金・年会費無料)・24時間営業のスタジオ。ピアノの練習やレッスンをはじめ、他楽器とのアンサンブルやリハーサルにも対応。ピアノはスタインウェイやヤマハ、カワイなど一流のピアノ・メーカーを設置。ピアノは専属の調律師が定期的にメンテナンスを行なっているため、常に良い状態のピアノで練習可能。音響効果を重視したスタジオは、レコーディングシステムも導入しているため、国際ピアノ・コンクールの予備審査で録音が必要になる場合にも活用したい。都内に14店舗展開するスタジオは、いずれも駅から近くアクセスも良好。料金は、1時間毎の課金制とお得なパック料金を用意。スタジオによって料金が異なるため、公式サイトでチェックしておこう。

【スタジオグランブルー】

都内に3店舗展開するリハーサル・スタジオ。荻窪北口店は、グランドピアノのスタジオが4室、アップライトピアノのスタジオを3室用意。料金は、1時間毎の課金制(1,300円〜/1h)と、お得なパック料金(3,200円〜/3h)から選べる。平日は10時〜翌6時半、土日祝は9時半〜翌6時半まで年中無休で営業中。現在、料金がお得になる移転1周年記念キャンペーンを実施中

最後に

近隣住民の方に挨拶をすることもとても大切です。
「ピアノを購入することになりました。練習時間を守りますので宜しくお願い致します」「いつもピアノの音でご迷惑をお掛けしてすみません」など、近隣住民の方には進んで声を掛けましょう。 万が一、苦情が出てしまった場合は、練習時間や防音についてお互いよく話し合い、解決することが大切です。後日、誠意をもって謝罪するなど、きめ細やかな対応を心がけましょう。

トップへ戻る