東京を中心とした日本の音楽祭や国際音楽祭を紹介

日本の音楽祭

日本の音楽祭のポイント

日本で開催される音楽祭
日本の音楽祭に注目!音楽祭の種類や概要をチェック
日本各地で開催される音楽祭の特徴
日本にはどんな音楽祭がある?音楽祭の特徴をチェック
日本の音楽祭

毎年日本各地で開催されるクラシック音楽の祭典「音楽祭」
クラシック音楽の初心者から上級者まで、だれもがクラシック音楽を楽しめる華やかな音楽の祭典です。

日本では、海外の音楽祭に匹敵する質の高い音楽祭が多数開催されています。音楽祭にはそれぞれ特徴があり、コンサートを楽しむ音楽祭や、セミナーやレッスンで学ぶ場を提供する音楽祭、若手音楽家の育成や地域活性化をめざす音楽祭など、楽しみ方は音楽祭ごとに大きく異なります。中でも、海外から一流の演奏家が来日し、レベルの高い演奏を間近で聴けるコンサートは見逃せません

また、セミナーやレッスンが行なわれる音楽祭は、多くの芸術にふれて自分自身の音楽知識や演奏技術の幅を広げるチャンス。ピアノの学習者は、一流音楽家の言葉と音をしっかり吸収して、自分自身のステップアップにつなげましょう。
国際色豊かな音楽祭に積極的に出掛け、思う存分クラシック音楽を楽しみましょう!

トップへ戻る

日本各地で開催される音楽祭の特徴

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭

1995年からフランスの港町ナントで開催されているクラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」の日本版で、東京では2005年に丸の内でスタート。「一流の演奏を低料金で提供し、明日のクラシック音楽の新しい聴衆を開拓する」という音楽祭のコンセプトのもと、0歳児からクラシックファンまで、自由なスタイルで誰でもクラシック音楽が楽しめる場を提供。難しくて敷居が高い印象があるクラシック音楽を東京丸の内周辺で気軽に楽しめるということで、クラシック音楽の初心者の間で人気が高まり、2011年までに述べ480万人もの来場者数を集めた
開催期間中は、世界中から集まる一流アーティストが朝から晩まで熱気あふれるコンサートを繰り広げ、会場外でも無料イベントを多数開催。町全体がクラシック音楽の「お祭り」ムード一色になる。東京での開催に続き、2008年には金沢、2010年は新潟とびわ湖、2011年は鳥栖でも開催され、いずれも大成功をおさめている。

クラシックの音楽祭がなぜ100万人を集めたのか ~ラ・フォル・ジュルネの奇跡~

日本のクラシック界に大きな影響を与え、社会現象を巻き起こしたラ・フォル・ジュルネの真実に迫る。関係者のインタビューをもとに、音楽祭の成長過程と成功を収めた理由が明かされる

パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)

世界的作曲家であり指揮者でもあるレナード・バーンスタインの提唱で始まり、PMFの愛称で親しまれている国際教育音楽祭。世界各地のオーディションで選ばれた若手音楽家を育成する教育プログラム「PMFアカデミー」が音楽祭の中核。世界的な音楽家が、オーディションで選ばれた若手音楽家たちに、高度な技術と豊富な経験を伝える指導風景が人々の心を掴む。オーディションに志願する音楽学生は開催ごとに増えており、修了生はのべ2,500名超。この音楽祭のために特別に結成されたPMFオーケストラの演奏会は、北海道を拠点に仙台・東京で開催される。

バーンスタイン/与えるよろこび The Last Date in Sapporo 1990 [DVD]

創始者バーンスタインにとって最後のコンサートとなった1990年のPMF。バーンスタインの音楽に真摯に向き合う姿と、若手音楽家を前に全身全霊で行なう指導風景をおさめた、壮絶なドキュメンタリーがおさめられたDVD。クラシック音楽ファンのみならず、すべての人の胸に響くバーンスタインの音楽とメッセージに耳をかたむけたい

別府アルゲリッチ音楽祭

世界的女流ピアニスト、マルタ・アルゲリッチが総監督を務める音楽祭。1998年の初回開催以降、毎年アルゲリッチの企画・指揮のもと、「育む」「アジア」「創造と発信」を大きなコンセプトに掲げて開催されている。世界のトップアーティストやアジアの音楽家たちがアルゲリッチと共演するコンサートや、公開マスタークラスなどが行なわれ、アルゲリッチの演奏を目当てに遠方から訪れるファンも多い。約100名からなる市民ボランティアの活動に支えられ、地域に広く根付いた音楽祭として知られる。

別府アルゲリッチ音楽祭 アルゲリッチ ピアノ協奏曲コンサート

別府アルゲリッチ音楽祭の2001年と2007年のコンサートが収められた貴重なDVD。アルゲリッチの得意とするチャイコフスキー作曲「ピアノ協奏曲 第1番」と、バルトーク作曲「ピアノ協奏曲 第3番」を、迫力の映像とともに聴くことができる。

音楽祭開催地の宿泊・観光情報が満載!
お得な航空券は「楽天トラベル」でチェック

国内の宿泊予約においてトップクラスの規模を誇る「楽天トラベル」。
国内の国際音楽祭へ行くときにおすすめしたいのが、航空券と宿泊施設の同時予約でお得な価格になる「楽パック」。ANAとJALが提供する豊富なフライトの中から好きな便を自由に選択し、2万件以上の宿泊施設から好きなプランを選び一括予約することで格安価格を実現。航空券と宿泊施設の両方の予約が必要である場合において利便性が高い。予約は出発3日前まで可能、10日前までの予約でお得な割引料金が適用される。予約時に旅行代金がお得になるクーポン「Racoupon」を利用すれば、さらに割引される場合があるので忘れずにチェックしよう。JALもしくはANAのフライトマイルが貯まり、支払時に楽天カードを利用すると、宿泊料金の1%が楽天スーパーポイントとして還元される点も見逃せない。

霧島国際音楽祭

鹿児島県の霧降高原で毎年開催される国際音楽祭。世界的な演奏家たちによる40公演以上に及ぶコンサートや、聴講者の前で行われる演奏家と講習生によるレッスンが行われる。クラシック初心者でも楽しめる演奏会や、レベルの高い生徒に世界的な教師陣が実践指導するレッスンは、毎年多くの注目を集めている。

NHK音楽祭

テレビ放送開始50周年およびNHKホール開館30周年を記念して創設された音楽祭。「偉大なるドイツ三B」や「華麗なるピアニストたちの競演」など毎年テーマを設定し、世界中から招聘する一流オーケストラやソリストが熱演を繰り広げる。NHKホールで開催されるコンサートは、NHK-FMで生中継されるほか、後日テレビで放送される。

草津国際音楽アカデミー&フェスティバル

草津温泉で毎年夏に開催される国際音楽祭。教育目的のアカデミーと、コンサートがメインのフェスティバルの2本立てで開催される。毎年設定されるテーマに沿って演奏会のプログラムが決定するため、毎年参加しても楽しめるのが魅力。開催期間中は、国内外より集まるトップレベルの講師達による演奏会やマスタークラスが毎日開催されており、各地から訪れる音楽愛好家も多い。また、期間中草津町内で開催される街角コンサートが名物となっている。

音楽祭・コンサート情報が充実!「チケットぴあ」活用のススメ

全国各地で開催されるコンサートや音楽祭の情報は「チケットぴあ」を活用してチェックしよう。「チケットぴあ」では、全国各地で開催されているピアノのコンサートはもちろん、オペラやオーケストラ、音楽祭などの公演スケジュールをエリア別に検索可能。話題の日本人演奏家のほか、海外から来日する演奏家の公演情報がチェックできる。
「ぴあプレミアム会員」になると、チケットがとりにくい人気公演の先行販売プレリザーブや抽選会に参加でき、チケットの優先購入が可能。その他、割引サービスが豊富にそろい、チケットに特典がついた「プレミアムチケット」が手に入ることもある。コンサートのスケジュール確認はもちろん、予約を取る前に忘れずチェックして上手く使いこなそう!

宮崎国際音楽祭

国内外から集まる著名な演奏家が中心となり、3つのプログラムを20日間にわたり展開する。海外ゲストおよび日本人演奏会による室内楽演奏会を行うメインイベント「2012プログラム」、トークや野外会場などで行われ、一流の演奏を低料金または無料で楽しむ「スペシャルプログラム」、そして若手教育普及をめざす「教育プログラム」。クラシック音楽の初心者から上級者、一流演奏家を目指す若手音楽家まで、すべての人が参加できる音楽祭。

北九州国際音楽祭

北九州市が市政25周年を記念して創設された国際音楽祭。国内外で活躍中のアーティストを招聘して行われる、バラエティに富んだコンサートが人気。

トップへ戻る