名場面で使用されたフィギュアスケートの曲と音楽を紹介

フィギュアスケートで聴く曲と音楽

2013年度版 フィギュアスケート曲と音楽をチェック

最新版!フィギュアスケート選手の音楽
ソチ五輪へ向けて選手が準備するプログラム曲と音楽は?
フィギュアスケートの名場面を彩った音楽
歴史的名場面に使用された音楽を紹介
フィギュアで使用される曲と音楽の傾向は?
フィギュアスケートでは、どんな曲が人気?
フィギュアスケートの音楽と曲

フィギュアスケート選手のプログラムを盛り上げ、演技とともに記憶に鮮明に残るフィギュアの曲と音楽。クラシック音楽や映画音楽、ジャズ、民族音楽など、フィギュアスケートにはさまざまなジャンルの音楽が使用されます。

選手は演技時間内に自分自身の演技を最大限アピールする手段として、プログラムに使用する音楽の選曲は特に慎重に行ないます。選手にとってプログラムの音楽は表現の源であり、音楽をどうやってスケートで表現するかといったことも競技のモチベーションにつながります。演技時間はショートプログラム【SP】が2分50秒、フリースケーティング【FS】は4分30秒(ジュニアは4分)。演技時間内には高い技術や表現力が選手に求められ、特に表現力の面で音楽は重要な役割を担います

競技終了後に行われる上位入賞者のエキシビジョン(EX)では、選手の個性が最大限発揮されます。ルールや規定の多い競技とは異なり、より自由度の高い技や演技を観ることができるため、楽しみにしている人も多いでしょう。緊張感のある競技とは異なり、選手のリラックスした表情も魅力のひとつです。

現在注目が集まっているのは2014年に開催されるソチ五輪。フィギュアスケート各選手のプログラムに使用されている曲をチェックして、演技と音楽に注目してフィギュアスケートをより深く楽しみましょう

2013年最新版!日本人フィギュアスケート選手の曲と音楽

浅田真央
【2012-2013 SP】ガーシュイン作曲『アイ・ガット・リズム』
【2012-2013 FS】チャイコフスキー『白鳥の湖』
【2012-2013 EX】『メリーポピンズ』メドレー(1964年のディズニーミュージカル映画サントラより)
鈴木明子
【2012-2013 SP】映画「キル・ビル」 メインテーマ
【2012-2013 FS】シルク・ドゥ・ソレイユ 「O オー」
【2012-2013 EX】映画『シェルブールの雨傘』サントラ
村上佳菜子
【2012-2013 SP】Prayer for Taylor
【2012-2013 FS】ピアソラ作曲 タンゴメドレー(『アディオス・ノニーノ』や『オブリヴィオン』など)
【2012-2013 EX】Where you are
高橋大輔
【2012-2013 SP】ベートーヴェン作曲『月光』/Rock'n'Roll Medley
【2012-2013 FS】レオンカヴァッロ作曲『道化師』
【2012-2013 EX】ピアソラ「ブエノスアイレスの春」/スヌープ・ドッグ作曲「スウィート」
小塚崇彦
【2012-2013 SP】映画「栄光への脱出 Exodus」テーマ曲
【2012-2013 FS】サン=サーンス作曲『序奏とロンド・カプリチオーソ』
【2012-2013 EX】サウンド・オブ・サイレンス/ムーン・ダンス
羽生 結弦
【2012-2013 SP】パリの散歩道 Parisienne Walkways
【2012-2013 FS】ノートルダム・ド・パリ
【2012-2013 EX】ハロー・アイ・ラヴ・ユー Hello, I Love You

トップへ戻る

フィギュアスケートの名場面を彩った曲と音楽

日本人初の金メダルを獲得した荒川静香選手や、天才少女から大きく羽ばたいた浅田真央選手など、フィギュアスケート選手の歴史的名場面に使用された曲と音楽をご紹介。今もっとも期待されている海外選手が選曲する音楽にも注目です。

2006年トリノ五輪で金メダルを獲得した荒川静香

五輪フィギュアスケート史上アジア選手として初めて金メダルを獲得。伸びのあるスケート技術が特徴で、大きく上体を反る「レイバック・イナバウアー」が話題となる。トリノ五輪のプログラムは、SPにショパン作曲『幻想即興曲』、FSにプッチーニ作曲『トゥーランドット』を使用。重厚感のあるスケーティングがクラシック音楽と調和し、見事な選曲と振り付けで完成度の高い演技を披露した。

2010年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した浅田真央

明るくチャーミングな演技と高いスケート技術で世界中を魅了してきた浅田真央。シニアデビューで使用されたチャイコフスキー作曲『くるみわり人形』やモンティ作曲『チャルダッシュ』は、日本でフィギュアスケート・ブームを生み出したばかりでなく、スケートの音楽が注目されるきっかけにもなった。2010年のバンクーバー五輪では3度の3回転アクセルを成功させ、圧倒的な表現力で観客を魅了。FSではラフマニノフ作曲『』を選曲したが、本人の雰囲気に合わないという意見が多く聞かれた。バンクーバー五輪の後はジャンプの矯正を続け、2012-2013シーズンはGPシリーズ2連勝、全日本選手権優勝。ソチ五輪での活躍に期待が高まる。

2010年バンクーバー五輪で金メダルを獲得したキム・ヨナ

女子シングル史上初めて200点台を出し、バンクーバー五輪では歴代最高得点を獲得、ギネス世界記録を更新した韓国のフィギュアスケート選手。バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した浅田真央との対決は未だ記憶に新しい。2009-2010シーズンのプログラムは、ガーシュイン作曲『へ調の協奏曲』やマスネ作曲『タイスの瞑想曲』などのクラシック音楽、『ジェームズ・ボンド』などの音楽を選曲。本人の雰囲気に合うセンスのよい選曲も毎シーズン注目を集める。2011-2012年は休養のため全試合を欠場していたが、2012年12月に復帰し201.61点の高得点を出した。バンクーバーに続き、ソチ五輪でのメダル獲得に期待したい。

2006年トリノ五輪で金メダルを獲得した「ロシアの貴公子」プルシェンコ

完全無欠の技術と難易度の高いジャンプを得意とするプルシェンコ。高い技術を要するスピンやステップ、ジャンプをプログラムに積極的に取り入れながら、技術の難しさを一切感じさせない高い表現力はプルシェンコの最大の魅力。観るものを圧倒させる存在感と豊かな表現力で、スケートリンクをプルシェンコワールド一色に染める。
選曲においても抜群のセンスを持ち、ソルトレイク五輪のビゼー作曲『カルメン』や、トリノ五輪のプッチーニ作曲『トスカ/星は光りぬ』、映画音楽『ゴッドファーザー』など、音楽を巧みに使ったプログラムの構成力と演技力は審査員の評価も高い。エキシビジョンも毎回話題になり、観客を巻き込みながら奇抜な演技を見せる『Sex Bomb』や、着ぐるみや女装でパフォーマンスを見せるプログラムなど、個性的な演技は世界中で人気。2003-2004シーズン以降のプログラムの作曲・編曲は、ハンガリーのヴァイオリニスト兼作曲家のエドウィン・マートンに依頼しており、アイスショーではマートンの生演奏に合わせて演技をするなど、音楽へのこだわりを見せている
2012-2013年のプログラムは、ヴィヴァルディ作曲『夏』を編曲したSPと、作曲家サン=サーンスの名曲を組合せた「ロンド・カプリチオーソ」をFSに使用。現在はソチ五輪への出場意向を示しており、ソルトレイク、トリノ、バンクーバーに続き五輪での4つ目のメダル獲得に期待が高まる。

トップへ戻る

フィギュアスケートで使用される曲と音楽の傾向は?

フィギュアスケートでは、どのような曲が人気なのでしょうか。人気の高い曲や、プログラムに多用される音楽の傾向をチェックしてみましょう。

オペラ音楽
フィギュアスケートの演技で壮大なオペラの世界を取り入れたい場合に使用される。フィギュアスケートにおいて多用されるオペラは、ビゼー作曲『カルメン』、プッチーニ作曲『トゥーランドット』『蝶々婦人』など。
ピアノ音楽
ピアノのソロ曲は他の音楽と比較すると音こそシンプルであるものの、静謐なイメージやしっとりとした雰囲気の演技に使用されることが多い。人気が高いピアノ曲は、ショパン作曲『幻想即興曲』『別れの曲』『夜想曲』や、浅田真央が使用したドビュッシー『月の光』やリスト『愛の夢』などのピアノ名曲。華やかなピアノ協奏曲も人気が高く、ラフマニノフ作曲『ピアノ協奏曲』『パガニーニの主題による狂詩曲』はフィギュアスケートの定番曲として知られる。
オーケストラ音楽
様々な楽器の音で演技を盛り上げる役目が大きいオーケストラ音楽。多くのフィギュアスケート選手がオーケストラの曲を使用する。の定番曲として使用されることの多い曲は、リムスキー=コルサコフ作曲『シェヘラザード〜千夜一夜物語〜』、チャイコフスキー作曲『ロミオとジュリエット』、ハチャトリアン『剣の舞』、マスネ作曲『タイスの瞑想曲』、ラヴェル『ボレロ』、サン=サーンス『死の舞踊』など。協奏曲も人気が高く、チャイコフスキー作曲『ヴァイオリン協奏曲第1番』やロドリーゴ作曲『アランフエス協奏曲』(ギターの協奏曲)もフィギュアスケートの定番曲。
映画音楽
映画のストーリーをスケートで表現するプログラムで使用される。ミュージカル色の強い『ムーランルージュ』『オペラ座の怪人』『オズの魔法使い』『シカゴ』や、クラシック音楽やピアノが多用される『海の上のピアニスト』などに使用されるメインテーマ曲やダンスメドレーが人気。『007』のジェームズ・ボンドのテーマ曲を、キム・ヨナがバンクーバー五輪で使用したことは記憶に新しい。他にも、『タイタニック』『海の上のピアニスト』『シェルブールの雨傘』『アメリ』『SAYURI』『ゴッドファーザー』など様々な映画音楽がフィギュアスケートで使用されている。
バレエ音楽
バレエの動きを活かした芸術性の高いプログラムに使用される。特に人気の高い曲は、チャイコフスキー作曲『くるみ割り人形』『白鳥の湖』。近年はキム・ヨナが『ジゼル』を使用。
その他に人気の高い曲は?
ハンガリーの民族音楽『チャルダッシュ』や、『タンゴ』などのダンスのリズムを使った曲も多くのフィギュアスケート選手が使用する。『シング・シング・シング』『アイ・ガット・リズム』などのジャズ音楽や、『キャッツ』『ウエストサイド物語』などのミュージカル音楽も人気が高い。

トップへ戻る