ピアノのリサイタルに最適なコンサートホール

コンサートホール

最高の音響設備が整うピアノのコンサート・ホールをチェック!

世界的にみても水準の高いコンサートホールが揃う日本は、海外から一流ピアニストが頻繁に来日し、東京を中心とした全国各地でレベルの高いコンサートを繰り広げています。
「素晴らしい音響設備が整うコンサートホール」で、「お気に入りのクラシック音楽」「世界最高峰のピアニストの演奏で聴く」ことは、クラシック音楽やピアノが好きな人にとって極上の贅沢です。ピアノの初心者や愛好家からプロまで、このような整った環境を活用しない手はありません。コンサートホールで、さまざまなピアニストが奏でるピアノの音に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

また、初心者アマチュアの発表会をはじめ、ピアニストを目指す音大生ピアノリサイタルの自主公演において、まず決めなければならないのが、開催場所であるコンサートホールです。「ホールがたくさんあって決められない」と悩んでいる人のために、このページでは東京を中心としたピアノのリサイタルや室内楽向けのコンサートホールを厳選してご紹介y。オーケストラやオペラ、バレエ公演が多い「大ホール」ではなく、いづれも規模が大きすぎず、ピアノのリサイタルに最適な音響が整うコンサートホールです。また、ホールが所持するピアノのメーカーや使用料金も、コンサートホール選びにおいて大切なポイントです。「どんなコンサートホールかな?」「どんなピアノの響きがするのかな?」と疑問に思ったら、そのホールで開催されるコンサートに積極的に出掛けてみましょう

また、一流のピアニストの演奏会を楽しむときも、このページでコンサートホールの情報や歴史を調べてから行くと、また違った楽しみ方ができるかもしれません。最高の音響設備が整ったコンサートホールでピアニストの演奏に耳を傾けてみましょう!

トップへ戻る

東京のコンサート・ホール

【紀尾井ホール/中ホール】

新日本製鐵株式会社の創立20周年記念事業として建設された「紀尾井ホール」。将来有望な若手アーティストに300万円の賞金が贈られる「新日鉄住金音楽賞」や、「新日鉄コンサート(※)」を開催していたコンサートホールとしても知られている。欧州の伝統的なスタイルであるシューボックス形式を採用したホールは、室内オーケストラのためのホールとして構想され、室内楽やピアノのリサイタルにふさわしい音響空間が広がる。1階に設置されているバルコニー席は、ステージと客席に一体感をもたらし、演奏会をいっそう盛り上げる。設計は山下設計、音響設計は永田音響設計。
(※)1955年〜2005年に放送されていたクラシック音楽のラジオ番組。50年に渡る貴重な音源「新日鉄コンサートの歴史」で、その長い歴史を垣間見ることができる。

  • 【設立】1995年4月2日
  • 【場所】東京都千代田区紀尾井町(JR四ツ谷駅徒歩6分) 
  • 【座席】800席
  • 【所持ピアノ】スタインウェイ2台
  • 【使用料金】全日850,500(午前午後リハ、夜本番)
  • 現在「55コンサートパック」キャンペーン実施中
    各年1月〜3月は平日の午後リハ+夜本番の使用料金が55万円に! 
    「チケットぴあ」でピアノ・コンサートの最新情報をチェック!

【東京文化会館/小ホール】

東京都開都500年祭の記念事業として、上野公園の一角に建設された東京都立のコンサートホール「東京文化会館」。小ホールはピアノのリサイタルや室内楽など、少人数によるクラシック音楽のコンサートに適するコンサートホール。客席は上段席と下段席に分かれており、3方から舞台を取り囲む斬新な形状を持つ。建築家である前田國男の代表的なモダニズム建築として有名。世界中の著名なアーティストによる名演が繰り広げられてきた歴史あるコンサートホールで、ピアニストであれば一度はリサイタルをしたいと憧れる場所
開館50周年を記念して出版された「音楽の殿堂―響きあう感動50年 東京文化会館ものがたり」には、東京文化会館の歴史と、東京文化会館で撮影された音楽家の写真やインタビューが掲載されている。音響設計は日本放送協会技術研究所。

【サントリーホール/小ホール「ブルーローズ」】

東京初の「コンサート専用ホール」としてアークヒルズの一角に設立された「サントリーホール」。開館21周年にあたる2007年に行なわれた全館改修工事では、設備の改修や最新機材の導入を行った。小ホールは、室内楽やピアノのリサイタルを想定して設計され、木材をふんだんに使用して豊かな音響と雰囲気を実現。会場エントランス上部にはパイプオルゴールが仕込まれており、正午と開場時に音楽を奏でる。建築は安田建築と入江三宅設計、音響設計は永田音響設計。

【王子ホール】

王子製紙本社ビル新築の際に同ビル2階に併設された「王子ホール」。客席数は315席と小型のコンサートホールではあるものの、そのサロン的な雰囲気と銀座という立地で根強いファンが多い。また、演奏者と聴衆の空間が近いことにより、コンサートにおいて独特の一体感を生み出すのも王子ホールの特徴のひとつ。国内外の一流演奏家の自主公演のほか、貸ホールとしても人気の高いコンサートホール。ピティナ・ピアノコンペティションのグランプリ受賞者をはじめ優秀な成績をおさめた入賞者が記念演奏会を開くことでも知られている。

【浜離宮朝日ホール/音楽ホール】

朝日新聞社東京本社内にある「浜離宮朝日ホール」。響きの美しさは国内外で高い評価を得ており、1996年にアメリカ物理学会が出版した"How They Sound 〜Concert&Opera halls"において、Souperiorに次ぐExcellentの評価を受けた。シューボックス型を採用した「音楽ホール」では、室内楽やピアノのリサイタルを中心としたコンサートを開催している。
日本を代表する女流ピアニスト、田部京子の「シューマン:謝肉祭」は浜離宮朝日ホールのライヴ録音として人気が高い。

トップへ戻る

【Hakuju Hall】

コンサートホールに世界で初めてリクライニングシートを採用したことで話題を集めた「Hakuju Hall」。床はすべてサクラ材を使用しており、アルベール・アビュト氏が設計した個性的なデザインのホール内観と、日高孝之氏がつくった極上の音響の中で音楽を楽しむことができる。休憩時間や演奏会前後に自由に利用できる9階のスカイテラスからは、東京タワーやスカイツリーを見渡すことができる。

【東京オペラシティ/リサイタルホール】

音響に優れたシューボックス型を採用した「東京オペラシティ リサイタルホール」は、室内楽やピアノのリサイタルに適したコンサートホール。オペラシティ主催公演のほかに貸しホールも人気が高く、ピアノリサイタルの自主公演に利用する人が多い。大ホールでは、「武満徹作曲賞」や「日本音楽コンクール(ピアノ部門)」の本選が毎年行われている。

【すみだトリフォニーホール/小ホール】

東京東部地域における芸術文化活動の拠点として誕生したコンサートホール。シューボックス型の小ホールは室内楽やピアノのリサイタルに最適な空間が広がる。ホールの使用料金が廉価で音響も大変優れているため、プロはもちろんアマチュアや大学の音楽サークルにも人気が高い。1801席を用意した大ホールは小ホールと同様シューボックス型のコンサートホール。フランチャイズとなっている新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサート活動の拠点地となっている。

【トッパンホール】

クラシック音楽を楽しむための理想的な環境が整う「トッパンホール」。花梨・樺桜・檜などの上質な木材を組み合わせてホールに使用し、最高の音響性能を実現。また、ホール全体に「浮き構造」を採用しているため騒音や振動を遮断する力が大きく、通常のコンサートホール以上の静けさを感じることができる。
海外を拠点に演奏活動を行なうピアニスト岡田博美が珠玉のピアノ名曲を届ける「トッパンホールライヴシリーズ」は、トッパンホールの音響の美しさを最大限引き出す、岡田の圧倒的なピアニズムが光る名園。

【カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」】

洗練された街並みに溶け込む、カワイ表参道の2階に設置されたコンサートサロン。カワイ表参道は、旗艦店ならではの充実した設備と豊富な種類のピアノを揃え、初心者からプロまで楽しめる空間が特徴。2階のコンサートサロン「パウゼ」は大きな窓から表参道のケヤキ並木が望める開放的な空間を演出。ホールにはカワイ最高峰のピアノ「SK-EX」が設置され、熟練の技術をもつピアノ調律師によってピアノに最適な空間が作り出される
毎年夏には「ロシアン・ピアノスクール」が開催されているほか、国内外で活躍するピアニストがリサイタルを開いている。小規模なサロン風のコンサート会場ではあるものの、クラシック音楽ファンにとっては間近でピアニストを見ることができるチャンスでもある。

トップへ戻る

その他の地域のコンサート・ホール

【横浜みなとみらいホール/小ホール】

横浜市みなとみらい21地区の"クイーンズスクエア横浜"内にある「横浜みなとみらいホール」。小ホールは、室内楽やピアノのリサイタルに最適な可動式残響調整版を備えたシューボックス型を採用。ロビーからは横浜港を見渡すことができる。みなとみらい線の利用で東京方面からもアクセスしやすく、コンサートホール周辺にはショッピングや遊園地など娯楽施設が揃う魅力。

  • 【設立】1998年2月1日
  • 【場所】神奈川県横浜市西区みなとみらい(みなとみらい線みなとみらい駅徒歩3分) 
  • 【座席】440席
  • 【所持ピアノ】スタインウェイD274、ベーゼンドルファーインペリアル290、ヤマハCFS
  • 【使用料金】夜間の部:58,000円(入場料金3,000円以下の場合)

【鎌倉芸術館/大ホール・小ホール】

都会の喧騒から離れた、自然豊かな鎌倉に設立されたコンサートホール。「観せるホール」として幅広い機能を備えた小ホールは、能や演劇をはじめピアノのリサイタル会場としても使用できる多目的ホール。

コンサート&リサイタル情報は「チケットぴあ」でチェック!

クラシック音楽のコンサートやリサイタル情報は、「チケットぴあ」を活用してチェックしよう。「チケットぴあ」では、全国各地で開催されているピアノのコンサートはもちろん、オペラやオーケストラ、音楽祭などの公演スケジュールをエリア別に検索可能。海外から来日するピアニストはもちろん、話題の日本人ピアニストの公演情報もチェックできる。
「ぴあプレミアム会員」になると、チケットがとりにくい人気コンサートの先行販売プレリザーブや抽選会に参加でき、チケットの優先購入が可能。その他、割引サービスが豊富にそろっている点も「チケットぴあ」の特徴の一つで、チケットに特典がついた「プレミアムチケット」が手に入ることもある。コンサートやリサイタルのスケジュール確認はもちろん、予約を取る前に忘れずチェックして上手く使いこなそう!!

トップへ戻る