大人とアマチュアの練習とピアノコンクール

大人とアマチュアのピアノ

大人とアマチュアのピアノポイント

大人のピアノ
効率的な練習法や独学のヒントをチェック
アマチュアのためのピアノコンクール
アマチュア、大人向けのコンクールに参加しよう
大人とアマチュアのピアノ

幅広い世代に人気の高いピアノは、老若男女問わずさまざまな人が弾いて楽しめる楽器です。もちろんピアノは何歳から始めても大丈夫。「ピアノに興味がある」「趣味にしたい」「定年後に時間ができたのでピアノを始めたい」という人から、「子供の頃ピアノを習っていて、再チャレンジしたい」という大人まで、ピアノを始めるきっかけは人それぞれです。

近年は、本業ではないもののピアノへの知識が豊富で演奏会にも積極的に出演する「アマチュア」の活躍が目立っています。ピアノを大人になってから趣味で始める人も増加傾向にあります。しかし、大人の初心者にとって問題なのが練習と独学の方法。そんな大人とアマチュアの"困った!"に対応すべく、このページでは大人とアマチュアの「初心者のための効率的な練習」「独学のヒント」、憧れのステージ経験が叶う「ピアノ・コンクール」の情報をご紹介。上達には時間が必要ですが、マイペースにゆっくりとステップアップしていけば大丈夫。楽しいピアノライフをおくりましょう!

上達のポイントはここでチェック!大人のピアノ

「弾けるときに弾く」練習
ピアノの上達には充実した練習時間が必要です。一日にたくさん練習し、数日間弾かない練習よりも、毎日少しずつ積み重ねて練習するほうがより効果的に上達します。 一番良いのは、朝10分、または夜10分練習する、と決めて集中して練習することです。しかし、仕事の忙しい社会人や大人であればピアノの練習時間の確保は想像以上に困難なもの。ピアノの防音などを考えると、好きな時間にピアノを弾ける人は少なくなります。そんな時は、無理にピアノ弾く必要は全くありません。休日を活用しながら「弾けるときにピアノを弾く」という気持ちを持ち、自分のライフスタイルにあわせて楽しんでピアノを弾きましょう!
モチベーションを高める
ピアノの上達に欠かせないのは、モチベーションを高めて練習をすること。ピアノの名盤コンサート日本の音楽祭海外の音楽祭などで、さまざまなピアニストの演奏を積極的に聴きましょう。コンクールや発表会で同年代の大人やアマチュアの演奏を聴くことも良い刺激になります。
弾きたい曲を見つける
大人やアマチュアの独学で効果的な上達の秘訣は、好きなピアノ曲や憧れのピアノ曲に挑戦すること。今は弾くことが難しい曲でも「いつか憧れのあの曲を弾きたい」など目標を持って練習を続ければ、ピアノを弾く楽しみが広がります。レパートリーが増えてきたら、発表会やコンクールに積極的に参加して演奏を披露しましょう!
たくさんのステージを経験する
発表会やコンクールへ出演することにより、普段の練習や独学だけでは学ぶことの出来ないさまざまな経験を積むことが出来ます。本番までどうやってピアノ曲を完成させるか、ステージではどのようにしたらよいのか・・・初めは慣れない事も多く戸惑うこともあるかもしれません。子供の頃とは違い、大人だからこそ緊張することもあります。プロのピアニストにとってもステージは緊張するものですが、大きなホールでピアノを弾ける喜びや音楽の力が奏者を再びステージに戻らせるのです。 また、発表会やコンクールで先生やピアノの仲間など、さまざまな人から自分のピアノ演奏について意見を聞くことも重要です。自分では気づかない長所や短所などの貴重な意見は、自分自身がステップアップしていくキッカケにもなります。大人やアマチュア向けのピアノコンクールはこのページでしっかりチェックして、たくさんのステージでピアノを演奏しましょう!

プライベートレッスンでピアノの腕を磨く
【シアーミュージック:ピアノコース】※初回体験レッスン無料

「sheermusic(シアーミュージック)」は、徹底したマンツーマンレッスン指導と独自サービスに定評があるピアノ教室。長いブランクを経て久しぶりにピアノを再開する大人から、ピアノの腕を磨きたい学習者まで幅広くサポート。
最大の特徴は、生徒ひとりひとりの学習目的に沿った幅広いサポートシステムを提供している点。これまでのレッスン経験や弾きたい曲のカウンセリング&ヒアリングから始まり、生徒のレベルやスキルを考慮した上で生徒に最適なレッスンが進められる。ブランクがある場合は、姿勢や指使いなどピアノの基本を改めて復習し、正しい弾き方を身に付けることができる。また、独自のWEB予約システムを導入しており、レッスンの日時は生徒が自由に設定可能。忙しい大人でも好きな時間に自由にレッスンを受講できる点は大きなメリットとなっている。
現在、1レッスン分の無料体験レッスンを実施中。どのようなレッスンを実施しているか知りたい方は、この機会にまず体験レッスンから始めてみると良いだろう。

トップへ戻る

アマチュアなど大人のためのピアノ・コンクール

独学しているピアノの初心者にとって、ステップアップしていく機会としてチャレンジしたいピアノ・コンクール。憧れの大きなステージに立って観客の前でピアノを弾くチャンスです。まずはアマチュアなどの大人向けのコンクールに積極的に参加して、着実にステップアップしていきましょう!

【ピティナ・ピアノステップ】

全国436地区で年間を通して開催されるピティナ・ピアノステップは、好きなときに誰でも参加できる公開ステージ。ステージでの演奏経験のほか、指導経験豊かな3名のアドバイザーから手書きの講評(アドバイス)と評価をもらえるとあって、参加人数は年間のべ3万人を突破。ステップは自由曲を演奏する「フリーステップ」と、レベルごとに設定された課題曲と自由曲を組み合わせて演奏する「23ステップ」を用意。合格基準を満たすと合格証書が発行されるほか、継続して参加すると「継続表彰」が贈られる。大人の初心者やアマチュアにとって、ステージ経験を重ねる絶好の機会としておすすめしたい。

【ピティナ・ピアノコンペティション"グランミューズ部門"】

国内最大級のピアノコンクールとして有名なピティナ・ピアノコンペティション。グランミューズ部門は、中学校卒業以上のピアノ愛好者を対象にした部門。音大など専門学校でピアノを学んでいない人のための「Bカテゴリー」、誰でも参加できる「Aカテゴリー」、連弾で参加できる「Dカテゴリー」など、全部で7つのカテゴリーを用意。さまざまなバックグランドを持つピアノの学習者が参加する。
大人の参加者が大半を占めるため、同じ志を持った多くのピアノ愛好者と交流が持てる人気の高いピアノ・コンクール。賞金は3万円〜20万円。入賞者には副賞としてピティナピアノステップ参加券が贈呈されるほか、記念コンサートへの出演権が授与される。

  • 【コンクール開催地】全国各地(決勝大会は東京で開催)
  • 【コンクール開催日】毎年5月〜8月
  • 【コンクール課題曲】任意の自由曲を1曲以上演奏(その他カテゴリーごとに規定有))
  • 【コンクール参加費】11,000〜17,700円(予選・本選それぞれ必要)

【東京ピアノコンクール"アマチュア部門"】

東京からピアノ音楽文化の振興と普及に寄与し、幅広い年齢層から選れた才能の発掘と育成をはかる東京ピアノコンクール。アマチュア部門は、音大などでピアノを専攻していない18歳以上が対象。「最優秀賞」受賞者には賞金100,000円と賞状・盾を授与。

【ペトロフピアノコンクール"愛好者部門"】

学習機会を提供し音楽文化の発展と向上をめざすペトロフピアノコンクール。愛好者部門は「大学生クラス」と「一般クラス」のふたつの部門を用意。音大在籍・卒業者や音楽を専門としている人は参加不可。入賞者には表彰状・メダル・記念品が贈られるほか、海外音楽大学のマスタークラス学費助成の権利が授与される海外で勉強したいアマチュアにおすすめのピアノコンクール。

  • 【コンクール開催地】東京都・大阪府
  • 【コンクール開催日】毎年10月〜11月
  • 【コンクール課題曲】5分以内の自由曲(予選)、8分以内の自由曲1曲(本選)
  • 【コンクール参加費】12,000〜15,000円(予選・本選それぞれ必要)

【北本ピアノコンクール"一般部門"】

音楽文化の創造と発展、向上に寄与するとともに、才能ある個性豊かな演奏家の発掘・育成をめざす北本ピアノコンクール。入賞者には入賞者演奏会への出演権利が贈られ、最優秀賞受賞者には東京フィルハーモニー交響楽団と共演する権利が授与される。プロのオーケストラと共演できる機会が用意されている大人とアマチュアのピアノコンクールは他に皆無。この機会を活用してオーケストラデビューを果たしてみては。

  • 【コンクール開催地】埼玉県北本市文化センターホール
  • 【コンクール開催日】毎年9月〜10月
  • 【コンクール課題曲】10分程度の自由曲(予選)
  • 【コンクール参加費】8,000〜10,000円(予選・本選それぞれ必要)

【大阪国際音楽コンクール"アマチュア部門"】

芸術と文化を発信すると共に世界へ羽ばたく音楽家の輩出をめざす大阪国際音楽コンクール。アマチュア部門は年齢ごとに8コースを用意。成績優秀者は海外コンクールへの参加渡航費用助成金100,000円が授与される海外で活躍したいアマチュアにおすすめのピアノコンクール。

  • 【コンクール開催地】全国各地(ファイナルは大阪で開催)
  • 【コンクール開催日】毎年7月〜10月
  • 【コンクール課題曲】4分〜15分の自由曲(コースにより異なる)
  • 【コンクール参加費】8,000〜10,000円(予選・本選それぞれ必要)

コンクール開催地の宿泊情報やお得な航空券は「楽天トラベル」でチェック!

国内の宿泊予約においてトップクラスの規模を誇る「楽天トラベル」。国内の国際音楽祭へ行くときにおすすめしたいのが、航空券と宿泊施設の同時予約でお得な価格になる「楽パック」。ANAとJALが提供する豊富なフライトの中から好きな便を自由に選択し、2万件以上の宿泊施設から好きなプランを選び一括予約することで格安価格を実現。航空券と宿泊施設の両方の予約が必要である場合において利便性が高い。
予約は出発3日前まで可能、10日前までの予約でお得な割引料金が適用される。予約時に旅行代金がお得になるクーポン「Racoupon」を利用すれば、さらに割引される場合があるので忘れずにチェックしよう。JALもしくはANAのフライトマイルが貯まり、支払時に楽天カードを利用すると、宿泊料金の1%が楽天スーパーポイントとして還元される点も見逃せない。

【大阪国際音楽コンクール"アマチュア部門"】

有名なショパン国際ピアノコンクールが主催し、ショパンアカデミー内で開催されるアマチュアのための国際ピアノコンクール。ピアノで生計を立てていない者など、ピアノ専門家以外のアマチュアのみ参加可能。参加するためには、20分程度の音源を提出し予備審査に通過しなければならない
課題曲は、1次予選はショパンのワルツと18〜20世紀の作曲家の作品を自由に選択し10〜15分、二次予選はショパンのマヅルカと18〜20世紀の作曲家の作品を自由に選択し15〜20分、決勝大会はショパンのポロネーズと18〜20世紀の作曲家の作品を自由に選択し20〜25分。合計約1時間ほどのプログラム(ピアノ曲)が必要となり、アマチュアや大人向けのコンクールとしては大変ハードなコンクール
賞金は1位15,000PLN、2位10,000PLN、3位8,000PLNなど他にも多くの副賞を用意。大作曲家ショパンの祖国ポーランドの開催とあって、世界中からレベルの高い大人とアマチュアが集まるピアノコンクール。自分のピアノの力試しに挑戦してみては。

トップへ戻る