ピアノや音楽留学のための音楽財団・奨学金・支援

奨学金、助成金、各種支援情報

奨学金、助成金、各種支援情報のポイント

奨学金・助成金・留学・各種支援情報
海外への渡航や留学には、奨学金や助成金を活用しよう
音楽財団・機関と助成内容
ピアノ学習者を支援する音楽財団や音楽協会をチェック
音楽を志す人のための奨学金・助成金・留学・各種支援情報

さらにピアノの演奏技術を高めたいという意欲が高まってきたら、海外の音楽大学への留学や、海外の音楽祭国際ピアノコンクールへの参加など、視野を広げて世界の舞台を目指しましょう

しかし、海外への渡航や留学は、移動費や準備費用、現地での生活費など、金銭的な負担が大きくなるのも事実です。
「もっと意欲的に、世界という広い視野をもって学びたい!」という学生やピアノ学習者におすすめしたいのが、音楽財団や音楽協会が実施している助成金・奨学金の活用です。

奨学金・助成金などの支援は、主に金銭的な面で音楽家を支援するシステムで、月ごとに支給される奨学金や、マスタークラス(講座)参加者への資金提供など、各支援機関でさまざまな助成を実施しています。

しかし、奨学金や助成金などの支援を受けるには、競争率の高いオーディションや書類選考に合格しなければなりません。日本中から才能のあるピアノ学習者が応募するため、難易度が高く合格への道のりは決して容易いものではありませんが、挑戦することによりピアノの演奏技術のレベルアップ効果が期待できます。

それぞれの音楽財団が実施する奨学金や助成金など、様々な支援情報をしっかりチェックして、音楽留学や海外へ渡航する際に活用しましょう!


トップへ戻る

ピアノの学習者を支援する音楽財団・機関と助成内容

【海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディション】

オーディション合格者には、東京国際芸術協会が推薦する7つの海外音楽マスタークラスから、本人が希望する1つのマスタークラスの学費と渡航費の全額助成などの支援を行なう。
※助成対象の海外マスタークラスの例:スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラス、ウィーン国立音楽大学マスタークラス、ロシア国立モスクワ音楽院マスタークラス、ドイツ国立ケルン音楽大学マスタークラス、ドイツ国立ミュンヘン音楽大学マスタークラスなど

  • 【支援機関】一般社団法人 東京国際芸術協会
  • 【試験会場】東京都、大阪府、愛知県
  • 【応募資格】15歳以上39歳以下
  • 【開催時期】毎年10月〜12月
  • 【演奏曲目】自由曲1曲(審査時間は6〜7分、5分以上の曲を用意)

【ローム ミュージック ファンデーション】

音楽文化の普及と発展のため、音楽活動への助成と奨学金の援助を行なう。演奏会など音楽の公演の資金を援助する「音楽活動への助成金」は最大250万円(1件)、音楽を学ぶ学生に対して奨学金の給付を行なう「奨学生」には、月額最大30万円の奨学金を給付(1人1年間、最長4年間まで更新可)。どちらの奨学金も返済の義務はない

  • 【支援機関】公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
  • 【開催時期】毎年10月頃
  • 【応募資格】日本国籍の者、または日本の教育機関で音楽を学ぶ外国籍を有する者(奨学生希望者の場合)
  • 【応募方法】公式サイトにある申請書を記入後、郵送。推薦状や音源など提出書類が多いので要確認。

【ヤマハ 音楽奨学支援】

優れた音楽能力を有し、将来音楽の分野で活躍が期待できる若手音楽家への支援制度。支援の金額は月額10万円(最長3年間/返済不要)で、1年ごとに継続審査を実施。

  • 【支援機関】ヤマハ音楽振興会
  • 【試験会場】ヤマハ音楽振興会目黒本部(書類選考通過者のみ)
  • 【応募資格】日本在住の13歳以上20歳以下の音楽家・音楽学習者
  • 【選考方法】書類選考(作文・ピアノの演奏映像など)、面接
  • 【募集人数】10名程度

トップへ戻る

【ヤマハ 留学支援制度】

海外の教育機関に留学し、演奏家・作曲家を目指す人への支援制度。支援の金額は月額10万円(最長3年間/返済不要)で、1年ごとに継続審査を実施。

  • 【支援機関】ヤマハ音楽振興会
  • 【試験会場】ヤマハ音楽振興会目黒本部(書類選考通過者のみ)
  • 【応募資格】日本国籍の21歳以上30歳以下の音楽家・音楽学習者
  • 【選考方法】書類選考(作文・ピアノの演奏の映像など)、面接
  • 【募集人数】5名程度

【明治安田クオリティオブライフ文化財団】

国際的音楽家を目指す若手音楽家への留学費用を助成する「海外音楽研修生費用の助成」を実施。支援の金額は年額200万円(支援の期間は原則2年間)。

  • 【支援機関】公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団
  • 【開催時期】毎年5月〜7月
  • 【応募資格】音楽大学卒業(予定)者、大学院在籍者・修了(予定)者
  • 【選考方法】書類審査、ピアノの実技試験、面接
  • 【募集人数】4名程度

【福田靖子賞選考会】

高校生以下のピアノの学習者を対象に、奨学金の授与(最高100万円)や学習補助、海外教授によるレッスンを提供、若手音楽家を支援する制度。書類審査通過者は、海外の教授陣によるピアノのレッスンを受講し、続いて行なわれる最終審査会でレッスンの成果をステージで披露。ピアニストとしての素質や将来性が重視される。

  • 【支援機関】公益財団法人福田靖子賞基金
  • 【試験海上】東京都
  • 【応募資格】高校生以下
  • 【開催時期】2年に1度
  • 【選考方法】書類審査、ステージ審査(ピアノの実技)

【公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団】

芸術文化の多様な発展のために、芸術創造やその普及において優れた意義を有する独創的・先駆的な音楽会など、期間を特定した公演プログラムを対象とした音楽活動の助成を実施。支援の金額は1件あたり約100万円

  • 【支援機関】アサヒグループ
  • 【開催時期】毎年10年頃
  • 【選考方法】書類選考

トップへ戻る

世界へ挑戦!英語を徹底マスター

音楽は「世界共通語」。
音楽を通じて世界中の誰とでも気持ちを通わせることができる、素晴らしい言語のひとつと言ってもよいでしょう。

しかし、海外の音楽大学へ留学して現地の人とコミュニケーションをとる場合、一体何語を話せば良いのでしょうか?もちろんその国の言語を習得することはとても大切ですが、それ以上にどの国へ行っても役立つのが英語です。特にヨーロッパ圏は自国語のほかに英語を話す人が多く、音楽の世界でも英語は世界共通語として認識されています。

英語を身につけておけば、音楽留学はもちろん、国際コンクール海外の音楽祭の参加時に円滑なコミュニケーションをとることができます。現地で多くの人々とコミュニケーションをとりながら過ごす貴重な時間は、一生の財産になるでしょう。

近年は、英会話学習法として人気の「通学型の英会話教室」「通信講座」以外にも、"便利・簡単・格安"の3点がそろう「オンライン英会話」の人気が急上昇。留学前やピアノの練習が忙しい時でも、時間を有効活用して英会話の学習ができます。自分に合った学習法を見つけて、効率的に英会話を身につけましょう!

オンライン英会話

オンラインに特化することでマンツーマンレッスンを格安料金で提供。コストパフォーマンスの高さと「好きな時間」に「好きな場所で」英会話を学習できる利便性の高さから利用者が急増中。パソコンとインターネット接続環境、ヘッドホン付きマイクの3点をそろえれば、いつでも気軽に始めることができる。

英会話は留学の必須条件!
オンライン英会話で会話力をUP(無料体験レッスン実施中!)

留学前の準備として一番はじめに取り掛かりたいのが語学の習得。どこの国へ行っても音楽留学には英語が必ず必要です。
忙しい留学前に効率よく英会話を学びたいと考えている人におすすめなのがオンライン英会話。パソコンとインターネット接続環境が整っていれば、好きな時間に本格的な英会話を学べるため、利用者が急増しています。

オンライン英会話のスクールは数多くありますが、その中でも高い評価を得ているのが、リーズナブルな料金と利用者のニーズに応える豊富なサービスで、高い評価を得ているRarejob(レアジョブ)です
レアジョブは、専門のトレーニングを受けた外国人講師がレッスンを担当。フィリピンの高学歴者を中心に講師を採用する事で、入会金無料、月額5,800円(税抜)〜という破格のレッスン料を実現しています。Skypeを利用して行われるレッスンは、ユーザーの英語レベルや要望に沿ってレッスンを構成。毎日英会話を勉強できる「毎日25分プラン」や「毎日50分プラン」「毎日100分プラン」のほか、週末のみ受講するプランも用意されているので、自分のペースで無理なく英会話を続けられる点も大きな特徴です。レッスンは朝6時から深夜1時まで対応、予約はレッスン開始5分前まで、キャンセルも30分前まで受付中。時間を合わせれば、留学先でも英会話オンラインを活用して語学力アップできる点も大きな魅力です。

※現在、無料会員登録すると
2回まで無料体験レッスンが受けられる特別キャンペーンを実施中!

  • 【入学金】無料
  • 【授業料金】月額5,800円・税抜(毎日25分プラン)
  • 【授業形態】マンツーマンレッスン
  • 【無料体験レッスン】あり(2回無料) 
  • 【レッスン時間】6:00〜25:00

通学型英会話教室

外国人講師とスタッフの指導のもと、着実に英会話が上達する英会話教室。ネイティブスピーカーと直接対面して会話をすることで、留学先ですぐに活用できる実践的な英語を習得可能。特にオンライン英会話や通信講座、独学で英語を続けられるか不安な人は要チェック。ホームページからの予約で割引が適用されるので、上手く活用しよう。

参考サイト:英会話教室ランキング

忙しい留学生をサポート!「AEON」で英会話を効率的に習得

時間割と担当講師を事前に決める担任制でレッスンを行なう「AEON」。急な用事が出来たときにレッスンを他の日時に変更できる「振替制」を利用すれば、忙しい留学前も自分のペースで無理なく通学できる。効率的に英会話をレベルアップすることができる利用料無料のサポートサイトは自宅学習時に活用したい。無料体験レッスンやお得な割引キャンペーンをしっかりチェックして英会話を始めましょう!

  • 【教室数】全国47都道府県に251校
  • 【入学金】30,000円(+管理費 840円、教材費実費)
  • 【コースの種類】日常英会話、ビジネス英会話、トラベル英会話、TOEIC・テスト対策、海外留学&ホームステイ、こども英会話
  • 【無料体験レッスン】あり
  • 【お得なキャンペーン】
    • 入学時に学費が10,000円割引になるキャンペーン実施中
    • 無料体験レッスンの申込みで入学時に3,000円、コース説明会の予約で3,000円、Webでの入学予約で10,000円の割引がそれぞれ適用される

通信講座

初心者から上級者まで自分のペースで勉強できるのが通信講座。テキストやCDを使用し、ライティングとリスニングの両方を身につけることができる。毎日の習慣にすることにより、留学前の忙しい生活の中でも効率よく勉強することができる

参考サイト:英語教材ランキング

英語教材の老舗「アルク」が独学を手厚くサポート!

通信英語教材「アルク」では、英語の聞き取る力を強化する「リスニング」コースや会話の表現力やテクニックを広げる「英会話」コースなど、初心者から上級者までそれぞれの英語力に応じて様々なコースと豊富な教材を用意。独学で英語を学ぶ音楽留学生を、アルク独自の手厚いサポート体制で応援する。

  • 【1000時間ヒアリングマラソン】
    一定期間集中して生の英語を聞くことで、コミュニケーションにおいて最も重要な聞き取りを強化。通学時間などを活用して普段の生活でヒアリング力を高める。
    ※12ヶ月 52,290円(会員47,061円)

  • 【英会話コエダス・アドバンス】
    実際に英語を声に出して、より実践的なトレーニングを行なう教材。
    ※6ヶ月 39,690円(会員:35,721円)

トップへ戻る