ピアノ発表会の緊張克服とお祝いのプレゼント

初めてのピアノ発表会

初めてのピアノ発表会のポイント

初めてのピアノ発表会
ステージを成功させるためのポイントとは?
お祝いのプレゼントを届けよう
出演者に贈りたいお祝いのプレゼントをチェック
楽譜の選び方

憧れのピアノの発表会は、誰もが緊張するもの。
「ステージには魔物がいる」―多くのピアニストが口をそろえて言うように、プロのピアニストでもステージで何が起こるかは予測できません。

特に、初めて出演するピアノの発表会は、人前に出るだけで緊張してしまうもの。いつも以上にピアノが上手く弾ける場合もあれば、普段の練習で上手く弾けても、いざ人前で弾くとなると失敗してしまうことも多いのがピアノの発表会です。

こういった苦楽は、ピアノを弾く誰もが経験することであり、すべての経験はレベルアップしていくために必要な過程です。たくさんのピアノの発表会に出演し、さまざまな人の意見を聞き、経験を積み重ねていくことにより、ピアノの奥深さや魅力を感じることができるのがステージの魅力といってもよいでしょう。

このページでは、緊張を克服する方法や失敗を防ぐ方法など、ピアノの発表会を成功させるためのコツを伝授
ピアノの発表会の前に出来る限りの準備をしてからステージに臨みましょう!

お悩み解決!発表会を成功させる方法

『はじめてのステージで、どうしたらよいのか分からない』『ピアノの発表会は緊張してしまう』『ステージが怖い』
・・・といった発表会の不安や悩みはここで解決!
ピアノの発表会へ出演する時の心構えやステージマナーをしっかりチェックしておきましょう。

ピアノの発表会の前に準備しておきたいこと

ステージで成功するイメージを持つ
練習を積み重ねるうちに、自然とイメージが掴めてきます。
失敗を恐れずに、発表会で成功するイメージを持ってステージに立ちましょう。
髪型は前日までに決めておく。もしくはヘアセットを予約しておく
男女ともに清潔感ある身だしなみを。特に髪の長い女性はすっきりとまとめましょう。
美容院やヘアセット専門店を利用すれば、いっそう華やかな雰囲気になり、髪崩れの心配もありません(ヘアセットは、専門店で20分〜30分、美容院で1時間弱が目安)。地域ごとにヘアセット専門店を検索できるHotpepper Beautyを活用すれば、忙しい発表会の前でもネットで簡単に予約可能。
発表会に出演する当日は、好きなものを食べ、好きなことをして、自由に過ごす
発表会当日はストレスフリーで過ごしましょう。
子供が出演する場合は、親や周囲の適切なサポートが必要です。
忘れ物がないように、発表会の持ち物を再チェック
当日慌てる原因のひとつが忘れ物。緊張のあまり衣装を忘れてしまうプロの演奏家も少なくありません。
ここでは、ピアノの発表会で必要な持ち物をご紹介。しっかりチェックしておきましょう!
  • 衣装(あわせてステージ用の靴、アクセサリ、靴下・ストッキングも忘れずに)
  • 衣装の上に羽織るもの(ステージの袖は寒いので体を冷やさないようにしましょう)
  • ハンカチ(ステージでも使えるように白いハンカチを用意)
  • 楽譜(自宅で出掛ける直前まで練習する場合は、自宅に忘れないよう特に注意)
  • ホッカイロ(暖かい日でもステージの袖は寒いので要注意!指先を冷やさないようにしましょう)
衣装は必ず前日までに着て、不具合がないか確認する
衣装のサイズは要確認。衣装を着用して、自宅で発表会の予行練習をしましょう。
同時に本番用のアクセサリもチェック。女性の場合は衣装の丈にも注意。長すぎると足が衣装に絡んでステージでつまづいてしまう場合があるので、衣装の丈の長さを調整し、歩き方の練習をしておけば安心です。
男性は、カフスを忘れずに。
失敗しないドレスの選び方
ピアノの発表会において楽しみのひとつが、華やかな衣装を着ること。特に、女性が着るドレスは自分らしさを演出する大切なアイテム。発表会で失敗した!ということがないように、ドレスを選ぶ時は下記の点に注意しよう。
  • 自分の体に合ったサイズのドレスを選ぶ
    →気に入ったドレスのサイズが合わない場合は、プロにお直しを依頼
  • カラーやデザインは自分に合うものを店員さんなどの意見を聞きながら選ぶ
    →年齢が低いと大人っぽい背伸びしたドレスを着たくなるもの。似合うかよく検討してから購入しよう
  • パニエを入れる場合は、ピアノを弾いたときに邪魔にならないようにする
    →華やかなドレスにはパニエを勧められるが、ペダル操作で邪魔になることも
  • ドレスの丈を必ずチェック
    →歩きやすい丈のドレスを選ぶ。長すぎるとペダルと絡まってしまう場合も。
     ドレスの丈を切る場合は前を短く・後ろを長くするスタイルも綺麗。パニエの有無で丈が変わるので要確認。

ピアノ発表会のドレスは「ベリージェネ」でチェック!

ピアノ発表会のドレスは、多くの人がデパートやドレス専門店の既製品を購入するため、発表会やコンクール当日に衣装が他の出演者とかぶることも少なくありません。

自分にぴったりのオーダードレスを着てみたい!という贅沢な願いを叶えてくれるのが、オーダードレス専門店「ベリージェネ」
サイズはフルオーダー式、色は34色の中から選択、デザインのカスタマイズ可能とあって、世界にひとつだけのドレスが手に入ります。デザインは、発表会で映える豪華なロングドレスをはじめ、パーティーで華やかさを演出するショートドレスや子供用ドレスまで豊富な種類を用意。納期は約3〜4週間ほどかかるので、ドレスを着る日にあわせて早めに注文しよう。

※現在、ドレスの注文でコサージュをプレゼント! 送料無料キャンペーンも実施中

好感度アップ!ステージマナーを徹底マスター

やわらかい表情でステージに出る
緊張している時に無理に笑う必要はありませんが、無表情でステージに出るのは避けましょう。
聴衆はあなたの味方です。「微笑み」をたずさえて、大好きなピアノをステージで弾けることに感謝しましょう!
すべての所作「歩く・お辞儀・椅子に座る・立つ」を、いつもより「ゆっくり」「丁寧に」行なう
急ぐ必要はありません。ゆっくり丁寧な所作を行なうことで緊張がほぐれます。
ステージの袖から舞台に出る時は、からだの正面を少しだけ客席に向けながら歩く
聴衆は、ステージの袖から出てくる出演者を楽しみに待っています。自分の姿をよく見せましょう!

ステージでピアノを演奏するときに心に留めておきたいこと

自然体で!
あなただけが持つ個性は大切なアピールポイントです。気張らずに、自然体でステージに立ちましょう!
演奏時は、ピアノの演奏以外のことは考えない
一見単純なことのように感じますが、これはプロのピアニストも頭を抱える難しい問題。
初級者は経験不足ゆえの不安、上級者は経験豊富であるがゆえの不安、それぞれあらゆることを考えてしまい雑念が入りやすいもの。演奏だけに集中できるように、経験を積み重ねて精神面も徐々に鍛えていきましょう
「いま自分が出来ることをすべてやり遂げる」という気持ちを持ってステージに臨む
ピアノの発表会では「自分がどれだけのことをしてきて」「どれだけのことをステージで出せるか」が一番大切。
他人の評価だけに振り回されず、自分の価値観(または子供の満足度)を大切にしましょう

トップへ戻る

発表会の出演者にお祝いのプレゼントを届けよう!

家族や親戚、友人がピアノの発表会に出演する場合は、お祝いの気持ちを込めたプレゼントを贈って応援しましょう!

招待や案内を受け取っていて当日行けない場合は、発表会前にあらかじめプレゼントを送り、お祝いの気持ちを伝えるのもよいでしょう。その際は、発表会前日までは出演者の自宅へ、当日は発表会の会場(ホール)の住所へプレゼントを送りましょう。

プレゼントを持って発表会を聴きに行く場合は、開演前に会場の受付に一旦預けて、演奏後に本人へ直接渡すと喜ばれます。もちろん出演者へプレゼントを渡してもらうように受付の人に頼むことも出来ます。

大切なピアノの発表会を迎える出演者には、センスの光る気持ちのこもったプレゼントを贈りたいもの。
ここではピアノの発表会に最適なプレゼントをご紹介。上手く活用して、出演者を応援しましょう!

お花を贈る

発表会のプレゼントで人気が高いのが、お花のアレンジメント。定番の生花の花束をはじめ、近年は本物の花を長期間楽しめるプリザーブド・フラワーも人気。生花の場合は、出演者の雰囲気や希望の色、予算を店舗側に伝え、アレンジメントしてもらうと良いでしょう。約3,000円以上でボリューム感のある華やかな花束が出来あがります。インテリアとしても大活躍するプリザーブドフラワーは、生花と比較するとボリューム感は少ないものの、演奏会の思い出を残すことができる点が魅力です。

発表会に最適!「日比谷花壇」でお祝いのプレゼントを

センスのよさと品質においてトップクラスの「日比谷花壇」
お洒落なケーキ型のアレンジメントやバルーン付きのアレンジメント、月ごとに展開する旬の花など、豊富な品揃えが魅力。午前11時までの注文で翌日配達に対応する「クイックデリバリー」も人気。

電報を送る

可愛いぬいぐるみやバルーン、フラワーギフトなど、さまざまなアイテムとメッセージをセットでプレゼントできる電報。豊富な品揃えが魅力の「VERY CARD」は、当日配達(東京23区限定)や、翌日配達など、電報ならではのスピーディーな配送が魅力サプライズ感を演出できるお祝いのプレゼントとして活用してみては。

ギフト券を贈る

プレゼントに迷った場合は、ギフト券を活用してお祝いの気持ちを伝えるのも良いでしょう。CDや本などピアノに関連したグッズを購入できるAmazonギフト券や図書カードは、ピアノを演奏する人にとって嬉しいプレゼントのひとつ。

トップへ戻る