おすすめのピアノの楽譜をご紹介!楽譜出版社やダウンロード楽譜も要チェック

楽譜の選び方

楽譜の選び方のポイント

楽譜の選び方
原典版と校訂版の違い、目的別の楽譜の選び方を解説
原典版出版社
各出版社の特徴とおすすめポイントを解説
楽譜の選び方

楽譜は、作曲家が魂をこめて書き残したメッセージ
より音楽を深く理解して演奏したいのであれば、「作曲家が何を思いながら作曲したのか」「何を伝えたくて作曲したのか」、作曲家が伝えたかったことを残された譜面から読み取らなければなりません。

楽譜には曲の理解を深めるためのさまざまなヒントが記されているばかりではなく、時代の流れを越えて視覚的に音楽を把握することができる貴重なヒントが隠されています。

このページでは、おすすめのピアノの楽譜や楽譜出版社の歴史や特徴をご紹介。ひとつのピアノ曲を勉強するためには、数多くの出版社を比較して作曲家の意図を自分なりに深く理解することが大切です。指の長さや体格、演奏スタイルなどの個性は人それぞれ異なるため、運指やペダリングは譜面の表記を参考に、自分に合うものを常に模索しながら見つけていきましょう。

どの楽譜を選べばいいの? おすすめのピアノの楽譜をご紹介!

楽譜は「原典版」「校訂版」に大きく分類されます。
まず新しいピアノ曲を練習するときに必ず見ておきたいのが「原典版」。原典版は作曲家が実際に譜面に書いたことだけを可能な限り忠実に再現した楽譜で、ピアノ曲を正確に演奏するために、すべての演奏家が必要とする楽譜です。

原典版をよく勉強した上で、曲をより深く勉強したい場合は「校訂版」を活用しましょう。校訂版は、残されている直筆譜や初版譜から作曲家の意図を把握した上で、より高い演奏効果を得るために、著名な演奏家や学者がペダル、フレーズ、ディナミーク(強弱記号)、カデンツァなどの情報を書き加えた楽譜です。
ピアノを演奏する上で役立つ情報が多く得られ、曲の解釈を手助けするものとして大変便利な校訂版ですが、編集者の個人的な解釈が多く含まれることを理解した上で活用しましょう。

校訂版においても、各社の楽譜でそれぞれ大きな違いがあります。さまざまなアプローチ方法を知り、ひとつの曲を多方面から見ることで、さらに曲への理解が深まり、音楽の奥深さを知ることができます。弾き方に「正解がない」ことが、クラシック音楽の醍醐味であり難しさでもあります。そして、曲を勉強していくうえで一番大切にしたい「作曲家の本来の意図」が見える原典版に立ち戻ることも忘れずに覚えておくと良いでしょう。

 普段の練習におすすめのピアノ楽譜は・・・

【初級者】
ピアノ曲集を活用して好きなピアノ曲を弾きながらレベルアップ!「初めてのピアノ」も要チェック

【中級者】
原典版の勉強は必須。校訂版も活用して、運指やペダル、フレーズを参考にしよう

【上級者】
原典版と校訂版、それぞれの譜面を比較しながら曲の理解を深めよう

 初心者の発表会におすすめのピアノ楽譜は・・・

ピアノ曲を選ぶのに迷っている初心者は、様々なピアノ曲が1冊に入っているピアノ曲集がおすすめ。ネットで楽譜をダウンロードできる「ぷりんと楽譜」では、学習者のレベルごとに様々なジャンルの楽譜を1曲105円〜販売中。弾きたい曲を練習することが上達への第1歩です。発表会のポイントは「初めての発表会」でチェック!

 コンクール参加のための楽譜の準備

課題曲が決まっているコンクールは、楽譜の出版社が指定されている場合があるので要注意。楽譜指定の無いコンクールの場合、まず必ずチェックおきたいのが「原典版」。原典版をよく勉強した上で、曲をより深く理解するために「校訂版」を活用しましょう。「国内のピアノコンクール」「海外のピアノコンクール」ページも必見です。

トップへ戻る

原典版出版社

ウィーン原典版 Wiener Urtext Edition

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

第一線の音楽学者と名演奏家の共同作業で生まれた「ウィーン原典版」。作曲家の直筆譜や筆写譜、初版本などを徹底的に比較・検討した楽譜として世界中で愛用されている。アシュケナージやエッシェンバッハ、ゲルバー、ブレンデルといった世界的な演奏家が解説を加えているため、作曲家の意図がより深く理解できるだけでなく、演奏に適した楽譜となっている。
1973年より音楽の友社が版権を買って日本製の楽譜として売っているため、原典版の中では比較的安い。ヘンレ版と比較すると、音符が小さめで少し窮屈に感じるレイアウトが気になる譜面ではあるものの、運指については多くの情報が記されており、外国人と比較して手の小さい人が多い日本人でも活用しやすい楽譜。

ヘンレ原典版 G. Henle Verlag

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

創業1948年のドイツの楽譜出版社「ヘンレ原典版」。世界中の音楽家に長年愛され続けている原典版で、日本でも根強い人気を誇っている楽譜。多くの作曲家の原典版を出版しており、定評のある信頼性と品質で、多くの学習者や教育者、研究者から支持されている。ドイツの作曲家に力を入れている出版社として知られているが、最近はラヴェルやアルベニス、ガーシュインなどの作曲家にもレパートリーを広げている。
譜面に記されている運指は、手の小さい日本人に向かない場合が多く見当たるので要チェック。読譜しやすいクリーム色の紙や、バランスの良いレイアウトが大きな魅力となっている。

ベーレンライター原典版 Barenreiter-Verlag

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

1923年にアウグスブルクで創業したドイツの楽譜出版社。原典版の出版社として広く知られており、楽譜のほかにも書籍など幅広く取り扱っている。戦後(1950年代)に始まった新しい研究に基づき、バッハやヘンデル、モーツァルト、シューベルトなどの作品に対して学術的・批判的考証を加えた全集版を出版し、一躍有力な楽譜出版社となった。
譜面に記載されている情報が多いため、演奏時の使用はあまりすすめられないが、曲をより深く勉強する際に大変役立つ。ウィーン原典版、ヘンレ版と並んで原典版としての評価が高い。

トップへ戻る



ヤマハ「ぷりんと楽譜」でネットで欲しい楽譜を簡単ダウンロード

楽譜のデータを1曲105円〜で簡単にダウンロードできるヤマハの「ぷりんと楽譜」。購入したデータはすぐにプリンターで印刷できるので、自宅にいながらにして24時間いつでも欲しい楽譜を入手可能。ポップスや映画音楽、ジャズ、クラシックまで、さまざまな音楽ジャンルの楽譜データが豊富に揃っているため、ピアノの初心者から上級者まで活用できる。楽譜は、1曲ごとにダウンロード可能。重い楽譜を買わなくてもよい気軽さと、急に楽譜が必要になったときに対応できる利便性の高さが大きな魅力となっている。これから楽譜の購入を考えている人は選択肢のひとつとして検討しよう。

カワイ出版の楽譜の通販はこちらでチェック!

楽譜の通販と電子楽譜のダウンロード販売サイト「カワイ出版オンライン」。ショップ内は、レベルごとに分けられたピアノ曲から音楽辞典、音楽書まで豊富な品揃えを実現。会員登録すると、楽譜の内容を画像でチェックできるため、安心して注文することができるのも魅力。楽譜のデータをネットでダウンロードできる「eスコア」を利用すれば、自宅で好きなときに欲しい楽譜を入手可能。ショップ内で特に注目したいのが「上級ピアノ特集」。ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲が手に入るほか、邦人作曲家の楽譜が充実。カワイ出版オリジナルの楽譜も要チェック。

ブライトコフ・ウント・ヘルテル Breitkopf & Hartel

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

創業1795年のドイツの出版社で、現存する楽譜出版社としては最も歴史が古い。日本語では略してブライトコフと呼ばれている。ハイドンやベートーヴェン、メンデルスゾーン、シューマン、リスト、ワーグナー、ブラームスといった大作曲家が生きた時代から既に存在した出版社であり、彼らの楽譜の出版も手がけている。このような習慣は現在も受け継がれており、今もなお現代作曲家の作品の出版を手がけていることで知られている。1850年のバッハ没後100年を機に手がけた「バッハ全集」をはじめ、「ヘンデル全集」「ベートーヴェン全集」「モーツァルト全集」など多くの作曲家の全集出版を手がけた。現在、1,000人の作曲家による8,000曲の楽譜と、15,000冊の書籍を取り扱っている。

ブージー&ホークス Boosey & Hawkes

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

創業1930年、イギリスに本拠地をおく世界最大手のクラシック音楽関連の楽譜出版社20世紀の多くの作品の版権を次々と獲得して大きく成長。ストラヴィンスキーやバルトーク、コープランド、ブリテン、プロコフィエフ、リヒャルト・シュトラウス・ラフマニノフなどの現代作品の楽譜に強い出版社。

デュラン Durand & Cie

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

長年フランスの近代・現代音楽の発展を支えてきたフランスの楽譜出版社。サン=サーンス、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェル、プーランク、メシアンといったフランスの作曲家の作品を多く出版しており、フランス作品を学ぶ人には馴染みのある楽譜である。譜面のミスが多く見られるため、使用時は他の出版社を参考にするなど注意が必要。他の出版社と比較すると高価ではあるが、フランスらしい洗練されたレイアウトが美しい楽譜

ペータース C.F.Peters

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

1800年にライプツィヒで創立したドイツの楽譜出版社。クリーム色の拍子に美しいグリーンの模様が印象的な楽譜で、とても見やすいレイアウトで人気が高い。輸入版のため、つくりが脆く少々値が張る。人気のベートーヴェンのピアノソナタは2人の校訂者がそれぞれ手がけており「アラウ版」と「ティネッセン版」があるので要チェック。特に「アラウ版」の人気が高い。

サラベール Editions Salabert

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

エドゥアール・サラベールが1886年にパリで創業した楽譜出版社。当時は軽音楽の楽譜の出版を行っていたが、のちにクラシック音楽の出版をするようになる。フランスの作曲家の作品が重要なコレクションとなっており、中でもコルトー版(※コルトー版の項目参照)はピアノ学習者に愛用者が多い。

コルトー Study edition commented by Alfred Cortot

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

ピアニスト兼指導者として知られるアルフレッド・コルトー監修のもと、サラベール社が発行している楽譜。コルトー自身による補筆が1曲ごとに記載されており、練習法や楽曲解説などの充実した内容は、ピアノ学習者なら一見の価値がある。解説が多いため読譜での使用には向かないが、ある程度曲を知っている人が、更に楽曲を深く知りたい場合に重宝する楽譜。曲についてこれほど多く解説を書き入れている楽譜は他になく、運指法やペダリングなど誰もが悩むポイントについてアドバイスが入っているのも見逃せない。輸入版のほかに、全音楽譜出版社から日本語版が出版されており、こちらは製本・価格ともに良質なものとなっている。

パデレフスキ Redakcja Paderewski

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

ショパン没後100年を記念し、ポーランドの国家事業として出版された、初めてのショパン全集(全21巻)。「ショパン自身の意図に最も近い楽譜をつくる」という編集方針のもとに、名ピアニストやショパン研究者、ポーランド首相兼外相を務めたピアニストのパデレフスキらが力を合わせて編集した。ショパンの作品を勉強するときに誰もが参考にする楽譜で、日本でも多くの演奏家が使用している。原典版を意識しながら演奏効果を最優先させたいという編集者たちの思いから、強弱記号や運指、装飾音の奏法などが細かく記載されている。
近年はヤマハがライセンスを取得して出版しており、日本製ならではの丈夫な作りと輸入版に比べ安価な点が魅力となっている。

エキエル版 ナショナルエディション JAN EKIER National Edition

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

ヤン・エキエル氏編集によるショパンの楽譜。ショパンの研究が進むにつれ、パデレフスキ版の問題点が明らかになってきたため、1960年のショパン生誕150年を記念して、新たに全集が出版されることが決定し誕生した楽譜。2005年のショパン国際ピアノコンクール」で参加者に推奨された楽譜で、現在はショパンを弾く場合に最も信頼性の高い楽譜として知られている。運指はショパンが指示したものと、エルキル氏が書いたものが区別できるように記載されている。日本語版は高価なので、簡単な英語が読解できる場合は輸入版がおすすめ。

ショット SCHOTT Musik International GmbH & Co.KG

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

1770年にマインツで創業したドイツの楽譜出版社。モーツァルトの「後宮からの誘惑」や「ドン・ジョバンニ」など、当時人気のあったオペラのピアノスコアや編集版を出版。19世紀に入ってからは2人の息子が経営を引き継ぎ、各地に支社を開設して事業を発展。20世紀に入ってからも同時代の作品の楽譜を積極的に出版しており、ヒンデミット、ストラヴィンスキー、リゲティ、武満徹などの作品を手がけている。

ドーヴァー Dover

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

1945年に創業したアメリカの楽譜出版社。既刊楽譜のリプリントを大型スコアや全集として提供しており、安価で入手しやすく人気が高い楽譜

入会費・年会費無料の「楽天カード」でお得にショッピング!

とにかくお得なクレジットカードを持ちたい人にオススメしたいのが入会費無料、年会費も永年無料の「楽天カード」。楽天市場の利用で楽天スーパーポイントがいつでも2倍毎週土曜日は3倍にアップするなど、ポイントサービスが充実。楽天市場以外で利用してもクレジットカードの支払い100円につき1ポイント貯まるため、日常生活の中でもポイントを貯めやすい。「楽天トラベル」の利用でも+1%ポイントが貯まり、様々な付帯保障がついているため旅行にも役立つ。

全音楽譜出版社

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

1931年に楽譜の印刷会社として設立され、第二次世界大戦後に楽譜出版社となった。多くの作品の楽譜を出版し、豊富なラインナップで幅広いユーザーに対応。特にピアノ曲集やピアノピースが充実しており人気が高い。近年は海外の出版社と提携してさらに充実したラインナップをはかり、芥川也寸志や伊福部昭、西村朗など日本の作曲家による作品の出版にも積極的に取り組んでいる。

音楽之友社

おすすめポイント
初心者
ピアノ曲
使いやすさ
レイアウト
価格

政府の主導により、音楽関係雑誌の発行元3社の合併によって1941年に創業し、新雑誌「音楽の友」を創刊。音楽の各分野において幅広いユーザーに対応した楽譜や書籍を出版している。

トップへ戻る